NEW

大量の「パチンコ玉が滞留」で大パニック!! お客さんのイライラはMAX…

【この記事のキーワード】, ,

大量の「パチンコ玉が滞留」で大パニック!! お客さんのイライラはMAX…の画像1

田舎の古い小型店を襲ったアクシデント

 私の勤めていたホールは田舎の古い小型店。古いのは建物だけでなく設備も同様。それだけ劣化しているしトラブルも起きやすいが、今回もまたそんなホールで起きたトラブルの話だ。

 自店は300台に満たない規模で、稼働はMAXでも80人程度。しかし、少人数で回しているし当時は各台計数機でもない箱積みだった時代だ。トラブルも頻繁で呼び出しランプはバンバン点くし、スタッフ達は意外と忙しかったのである。

 そんなある日のこと。同じシマ列の複数のパチンコの遊技客から次々と呼び出しランプが点く。この時点で嫌な予感を覚えるが、対応に回ると盤面下段のアウト穴に玉が詰まっていることに気づいた。他の台を確認すると、やはり同じ様子である。

大量の「パチンコ玉が滞留」で大パニック!! お客さんのイライラはMAX…の画像2

 これは遊技台裏のアウトボックスに玉が詰まっている状態で、単にアウトボックスに異物が詰まっているとかであれば取り除いて終わりだが、やっかいなのはそうでない場合だが…。

異物を取り除けば解決するのだが…古い小型店では簡単ではない

 嫌な予感は的中した。アウトボックスを通過した玉が流れていくシマの中の『ドブ』と呼ばれる道に大量の玉が滞留していたのだ。この時の原因は単純で、ドブの奥の玉が吸い込まれていく穴が異物などによって塞がれていたからだった。

 ドブは緩やかな傾斜状だが、玉が流れていかないのでドブにドンドン玉が溜まっていき、行き場を失った玉はやがてアウトボックスにも達しドンドン玉が詰まっていくという状態。

 したがって異物を取り除けば解決するのだが、これが古い小型店では一筋縄ではいかない。異物を取り除くにはシマの中に入る必要があるのだが、小型店だけにシマの内部は極端に狭いのだ。

大量の「パチンコ玉が滞留」で大パニック!! お客さんのイライラはMAX…のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合