NEW

9連後はふたたび9連チャン!? 一撃性に長けた目押し不要の快速AT機【パチスロ4号機爆裂AT時代】

【この記事のキーワード】,

9連後はふたたび9連チャン!? 一撃性に長けた目押し不要の快速AT機【パチスロ4号機爆裂AT時代】の画像1

 4号機時代に誕生した「AT」機能。これは通常時、常に高確率で成立する同時フォローが不可能な小役を完全ナビする機能で、ひとたび突入すればハイペースでのコイン増加が見込める。

今では当たり前の押し順ATを搭載

 ただ、4号機時代のAT機能は大半が要目押し。初心者の中には存分に楽しめないプレイヤーも存在したが、2001年10月に登場した岡﨑産業の『サンライズ』は、そんな目押しを一切不要とした斬新なシステムで脚光を浴びた。

 本機に搭載されたAT機能の名は「サンライズボーナス(SRB)」。通常時にサンライズ絵柄が揃うとSRBが発動する仕組みで、その後は6択の押し順15枚役&チェリーが筐体上部ランプとリールバックランプによって完全ナビされる。

 SRB1回あたりの継続ゲーム数は20G、1G純増は約5.6枚で、平均して112枚の獲得が可能。目押しをせず押し順ナビに従うだけでOKなだけに、15枚役が偏った際の出玉増加スピードは他の追随を許さない。

 もちろん、このSRBには連続性があり、SRB終了後には単発、5連、9連のいずれかに振り分けられる。次ゲームのレバーONでメインリール下にある4つのランプが点灯すれば5連、点滅すれば9連が確定し、消灯してしまった場合は残念ながら単発となる。

万枚も十分に狙えるAT性能

 9連での獲得出玉は1,000枚程度だ。これでは爆裂AT機と呼べないのではないかと思う読者諸氏も少なくないだろうが、本機の真骨頂はここからで、なんと5連or9連中に「STOCKランプ」点灯、或いは連チャン終了後1ゲーム目にサンライズ絵柄が揃うと、その後は前回の連チャン数が1セットとなって連チャン。つまり、前回が5連ならば次回も5連、9連ならば次も9連が約束されるため、2ループ、3ループ…とした場合は一撃数千枚どころか万枚も十分に狙えるのである。

 スペックはSRB突入率が設定1:288分の1~設定6:178分の1、ビッグ確率が設定1~5:528分の1、設定6:341分の1で、機械割は設定1:93.0%~設定6:115.0%。SRB中にビッグを引き当ててもパンクすることはない。

 なお、本機はAT中のみならず通常時もオールフリー打ち消化で問題なし。ビッグは1枚掛けでも揃うが、サンライズ絵柄は3枚掛けでしか入賞しないといった特徴もある。

(文=編集部.)

9連後はふたたび9連チャン!? 一撃性に長けた目押し不要の快速AT機【パチスロ4号機爆裂AT時代】のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合