NEW

スマスロで『ゴッド』登場か!? パチスロ新時代の幕開けに業界関係者も期待大

スマスロで『ゴッド』登場か!? パチスロ新時代の幕開けに業界関係者も期待大の画像1

 当サイトでも再三、報じている通り、7月19日には日本遊技機工業組合(日工組)、日本電動式遊技機工業協同組合(日電協)、プリペイドシステム協会(PSA)、電子認証システム協議会(認識協)の4団体が東京都文京区の東京ドームホテルにて「スマート遊技機フォーラム」を開催し、スマート遊技機の概要と展望を説明した。

 これによると、スマートパチスロは6.5号機と同じく差枚数上限「2,400枚」に対応。やはり有利区間ランプの区間内点灯or消灯は任意で、「MY19,000枚」のコンプリート機能の搭載が義務付けられた一方、有利区間ゲーム数上限は「無制限」となった。

 スマートパチンコは「MY95,000発」のコンプリート機能が搭載される代わりに、大当り確率を現行機の320分の1から350分の1まで下げることが可能に。C時短の仕様が緩和され、パチスロAT機のようなゲーム数管理やAT中のCZのような、今までにはないゲーム性が実現できる。

6.5号機のヒットで、スマート遊技機へのイメージも向上

 業界誌「月刊シークエンス」が主宰するYouTube「シークエンスチャンネル」内の動画「VOL.39」では、そんなスマート遊技機フォーラムにパネルディスカッションのコーディネーター役として登壇したPOKKA吉田氏と、ユニバーサルエンターテインメント執行役員開発本部長の長谷川崇彦氏が出演。同フォーラムを振り返ると共に、今後のパチスロについて言及している。

 POKKA氏によると、同フォーラムは元々春に開催予定だったそうで、昨年の時点でスケジュールは抑えられていたものの、部材不足などによる遅れで7月に変更。ただ、その間にホールデビューしたクロスアルファの『パチスロ犬夜叉』、SANKYOの『パチスロ アクエリオン ALLSTARS』、サミーの『パチスロ甲鉄城のカバネリ』などの6.5号機が好調な動きを見せ、業界関係者のスマート遊技機へのイメージがガラリと変わったそうだ。

「6.5号機はいい」と発言し続け、「オオカミ少年だった」と自虐を込めたPOKKA氏も、この状況には安堵の表情。長谷川氏も同フォーラムについて「業界の流れが変わった」「空気感が変わった」し、「あんなに潮目が変わるは面白かった」と続けた。

『ゴッド』や『沖ドキ!』に触れる場面も

 また、長谷川氏は「匂わせじゃないですけど」との前置きの後、「規則や内規が変わって、これが“できる”“できない”、あれに“似せられる”“似せられない”の話で言うと、大分、5号機時代の良かった時の、あれができますよねって話になる」ともコメント。

「6.5号機を最初に出せなかったんで追随になりますけど、期待していただければ…」ともすると、POKKA氏は「そりゃあ、なんと言っても『ミリオンゴッド』やら『沖ドキ!』やら、タイトルはあるから」とニヤリとし、長谷川氏が「イエスともノーとも一切、それに対してもなにも言えない」と答える場面もあった。

(文=編集部.)

スマスロで『ゴッド』登場か!? パチスロ新時代の幕開けに業界関係者も期待大のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , , , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合