NEW

パチンコ新台「約1分で1500発」の神速や【大物VS大物】が始動!!

パチンコ新台「約1分で1500発」の神速や【大物VS大物】が始動!!の画像1

9月のパチンコ新台に期待

 多種多様なスペック機が活躍しているパチンコ分野。9月にも期待の新台が続々とデビューする予定です。

 個人的に注目しているのは『P犬夜叉2』。デジタルでは約1/99.9という甘デジ並の確率で役物チャレンジを抽選し、ここを突破(V入賞)できれば必ずRUSH「ストックタイム(継続率は約79%)」へ突入します。

 RUSH中は最大5個まで大当りをストックでき、それらを最後にまとめて放出。V経由の大当りは60%で9R約1350発となり、最大で「一撃6750発(9R×5個)」を手にすることが可能なのです。過去作のように、物理抽選と出玉で魅せてくれるでしょう。

 また、特殊スペックによって「OPT」をパチンコで実現させた『Pシンデレラブレイド』も楽しみですね。通常時は「36回転を消化できればチャンス」という斬新なゲーム性となっています。

 敵の攻撃を受けるとゲーム数がリセットされるため一筋縄ではいかなそうですが、RUSHに突入すればトータル継続率「約97%」という破格の恩恵を手にできるのです。凄まじい連チャンを堪能することができるのではないでしょうか。

 このほかにも、上位RUSH実装で連チャン性能が強化された『Pフィーバー戦姫絶唱シンフォギア3黄金絶唱』や、秒で決着がつく爆速マシン『P銭形平次3 DENKOUSEKKA 平次Ver.』。「ST100%×最大1500発」の超甘デジ『Pバジリスク 〜桜花忍法帖〜早咲き桜99ver.』などが9月に登場を予定しています。

 何から手をつけようか今から目移りしてしまう状況ですが、期待の新台は他にも存在。これらの後続となる話題の新機種たちが次々に検定を通過しました。

検定通過マシン2機種をピックアップ

○○○
・『Pモンキーターン超抜ZDa』(エース電研)

・『Pゴジラ対エヴァンゲリオン G細胞覚醒L』(ビスティ)
○○○

 個人的に最も注目しているのは、西陣の関連メーカーが手掛ける『PモンキーターンⅥ超抜』ですね。コチラはすでに公式YouTubeチャンネルにてPVが公開されています。

パチンコ新台「約1分で1500発」の神速や【大物VS大物】が始動!!の画像2
西陣チャンネルより

 その内容は「大当り確率 約1/319.69」「継続率 約81%」「正真正銘 左も右もALL1500発」など興味深い要素のオンパレード。RUSH突入時の期待出玉を示すモードTYは、驚異の「約8640」と紹介されています。

 出玉スピードに関しては「1セット約77秒」という神の如き速さを実現。変動開始から1500発を吐き出すまで、ほぼ1分で完結するのは凄すぎですね。西陣の新プロジェクト「Win319」に対応している本機。その活躍に期待が高まるばかりです。

 そしてもう一機種『Pゴジラ対エヴァンゲリオン G細胞覚醒L』も気になるところ。映画「シン・ゴジラ」の脚本・総監督を「エヴァンゲリオン」の生みの親でもある庵野秀明さんが務めたことで生まれた一大プロジェクト「ゴジラ対エヴァンゲリオン」。それがパチンコ化されるのでしょうか。

 詳細は不明ですが、製造元となるビスティといえば昨年に『新世紀エヴァンゲリオン~未来への咆哮~』を大ヒットさせた実績があります。この流れに乗って、本機も魅力的なマシンとして登場してほしいですね。

 今週はパチンコから計2機種の検定通過マシンをご紹介しました。それぞれ続報が公開されるのを楽しみに待ちましょう。

HIRA.777

〈著者プロフィール〉

飲食店やホテルマン、営業など幅広い職種にチャレンジ。どれも長続きせずにいたが、趣味であったパチンコ関連業界へ就職し現在に至る。今では自身の体験談や、業界関係者から入手した情報などを元に記事を作成中。パチスロ4号機にハマっていたいわゆる「北斗世代」で、長きに亘り活躍するシリーズの動向に注目している。主に検定通過情報や、動画レビュー記事を担当。動画は大量出玉を実現した内容を好んで紹介している。

パチンコ新台「約1分で1500発」の神速や【大物VS大物】が始動!!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合