NEW

4号機「爆裂AT」時代をけん引した超大型タイアップシリーズ、名称アウトで急遽「機種名変更!?」の激レア台【パチスロ回想】

4号機「爆裂AT」時代をけん引した超大型タイアップシリーズ、名称アウトで急遽「機種名変更!?」の激レア台【パチスロ回想】の画像1

 当サイトの人気企画「パチスロ5号機回想」シリーズ。今回も、知る人ぞ知る名機や当時の話題作などを改めて振り返りたい。

『怪胴王』

 今は亡きアリストクラート(現クロスアルファ)初の5号機『怪胴王』は2006年11月にデビュー。

 本機には3種類のビッグと2種類のCTボーナス、そしてAT機能「爆ちゃんタイム(BT)」が搭載されており、ビッグは約310枚、CTボーナスは約100枚の獲得が可能だ。

 赤7ビッグ、白7ビッグ、赤7CTボーナス後はAT機能「爆ちゃんタイム(BT)」へ突入し、この間はリプレイ確率が約1/1.2まで大幅アップ&3種類の特殊15枚役がナビされる。

 BTの継続ゲーム数は契機となるボーナス当選時に30G~300G間(30G区切り)で振り分けられ、白7ビッグは30G、赤7ビッグは60Gor90Gがメインで、赤7CTは120G以上が確定。各種ボーナスボーナス消化中は純ハズレや特殊15枚役成立時はBTゲーム数上乗せ抽選が行われ、当選時はその分が加算される。

 BT終了条件は規定ゲーム数消化、チェリー入賞、ボーナス成立の3種類。消化中のチェリーナビ発生はチェリー成立の合図で、ナビされたチェリーをハズせばパンクを回避することができる。

 BT終了後は内部RT状態の「目玉チャンス」or「洞窟ステージ」へ移行し、この間はチェリーを引かずに完走できればBTへ再突入。これらの継続ゲーム数は4G~100Gで、4Gに振り分けられた場合は目玉チャンスが表示される。

 なお、本機の正式名称は『爆裂王2』であり、4号機時代に登場した『爆裂王7』の正当後継機である。だが、発売前に“爆裂”という名称がお上から問題視され、名称の変更を余儀なくされたという。

『アントニオ猪木も燃えるパチスロ機』

 4号機時代の爆裂AT機として知られている平和の『アントニオ猪木』シリーズ。その5号機第一弾となる『アントニオ猪木も燃えるパチスロ機』は2007年にデビューした。

 スぺックはATから純増約0.6枚の完走型RTへとチェンジ。ボーナスは2種類のビッグ(純増約240枚)とREG(純増約120枚)の計4種類で、ビッグ後は赤7揃いの通常ビッグならば100G、青7揃いの闘魂ビッグならば200Gの完走型RT「修行RT」がスタートする。

 一方のREG後は「闘魂挑戦」なるチャンスゾーンへ移行し、この間に特殊リプレイを引き当てられれば100Gの修行RTへ突入。RT突入期待度は「赤7・赤7・BAR」揃いの通常REG後で約3回に1回程度だが、「BAR・BAR・青7」揃いの闘魂REG後はほぼ修行RTが約束される。

4号機「爆裂AT」時代をけん引した超大型タイアップシリーズ、名称アウトで急遽「機種名変更!?」の激レア台【パチスロ回想】のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合