NEW

JRA武豊「逃げて、差す」サイレンススズカ、コパノリッキーが体現した「最強」の形。未完の大器ジャックドールが目指すものと示した可能性

武豊「逃げて、差す」サイレンススズカ、コパノリッキーが体現した「最強」の形。未完の大器ジャックドールが目指すものと示した可能性の画像1
武豊騎手

 逃げて、差す――。

 今年で160周年を迎えている近代競馬において「最強とは、どういった競馬なのか」ということを考える際、最有力候補の1つとして挙げられる競馬の理想形である。

 極端な話、サイレンススズカのように逃げながらも、最後はディープインパクトのような末脚を発揮できれば、それはもう無敵と言ってもいいかもしれない。これが如何にめちゃくちゃな話であるのかは、競馬ファンなら誰もが理解していることだろう。

 だが、その一方で「そこ」へ到達する可能性を示した馬は確実に存在している。

稀代の逃亡者サイレンススズカが伝説になった瞬間

 例えば、先述したサイレンススズカが1998年の毎日王冠(G2)で見せたパフォーマンスは、まさに最強へ著しく近づいた競馬の理想形の1つと言えるだろう。

 当時、現役最強と言われたサイレンススズカに、若きエルコンドルパサーとグラスワンダーが挑んだ歴史的な一戦。軽快に飛ばしたサイレンススズカは1000mを57.7秒で通過しながらも、上がり3ハロンは最速を記録したエルコンドルパサーと0.1秒しか違わなかった。

 逃げ馬にこれだけの脚を使われては、後続に付け入るスキがあろうはずがない。レース後、主戦の武豊騎手が、後に競馬界を背負う2頭を子供扱いした異次元の走りを「逃げて、差す」と表現。稀代の逃亡者サイレンススズカが伝説になった瞬間だった。

「(楽勝で)ゴール前は遊んでました」

 2017年の東京大賞典(G1)で引退レースを迎えたコパノリッキーは、田辺裕信騎手の言葉通り、ここで生涯最高のパフォーマンスを発揮している。すでに歴史的な逃げ馬だった本馬が、さらなる高みを目指したことには明確な理由があった。

「リッキーをあそこまで頑張らせたのは、やっぱりタルマエがいたからなんだ」

 当時のダート界は、後に歴代最多記録となるG1・11勝を挙げた本馬と、G1・10勝を挙げたホッコータルマエとの2強時代。2014年の東京大賞典で両雄が激突したが、コパノリッキーはホッコータルマエに4馬身差の完敗を喫している。レース後、「もう一段、馬を変える必要があった」と“改革”を宣言したのが、オーナーのDr.コパこと小林祥晃氏だった。

JRA武豊「逃げて、差す」サイレンススズカ、コパノリッキーが体現した「最強」の形。未完の大器ジャックドールが目指すものと示した可能性のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合