NEW

福永祐一、1番人気も「前が壁」で終戦…WASJ「世界を知る」武豊とは歴然の差!?

福永祐一、1番人気も「前が壁」で終戦…WASJ「世界を知る」武豊とは歴然の差!?の画像1
武豊騎手 撮影:Ruriko.I

 世界のトップジョッキーが札幌の地に集結し、27、28日の2日間にわたって「2022ワールドオールスタージョッキーズ(WASJ)」が行われる。27日の第1戦と第2戦を終えて首位に立ったのは、国内騎手では最も“世界を知る”武豊騎手だった。

 土曜札幌10Rの第1戦(芝1200m)では、6番人気のメイショウツツジに騎乗した武騎手。道中は後方2番手に控えリズムを整えると、末脚勝負に懸けた。すると、直線で大外を鋭く伸びて優勝。1着騎手に与えられる30ポイントをゲットする幸先いいスタートを切った。

 続く11Rの第2戦(芝2000m)は4番人気のアサケレディに騎乗した武騎手。ここでも道中は後方集団に位置していたが、勝負所で一気に押し上げていき、4角では3番手集団に。そのまま押し切るかと思われたが、最後はサクラトゥジュールとターキッシュパレスに差され、3着に敗れた。

 それでも2戦を終えて、合計45ポイントを獲得。2位の川田将雅騎手に3ポイント差をつけて首位に立っている。

福永祐一、1番人気も「前が壁」で終戦…WASJ「世界を知る」武豊とは歴然の差!?の画像2
福永祐一騎手

 その一方、初日からエンジン全開で連続好騎乗を見せた武騎手とは対照的に、不本意な形で初日を終えたのが福永祐一騎手だ。

 まずWASJ第1戦では、1番人気に推されたアラモードバイオ(牡4歳、栗東・新谷功一厩舎)に騎乗。近走は差す競馬に転じていた同馬だが、以前は逃げて結果を残していた。今回は最内枠に入っただけに逃げの手も考えられたが……。

1番人気も「前が壁」で終戦…

「スタートでタイミングが合わず大きく出遅れてしまいました。札幌の1200m戦では痛すぎましたね。それでも道中の手応えは決して悪くありませんでした。

4角手前でもいい感じで上がっていき、直線は大外に持ち出したかったのではないでしょうか。ところが、結果的に1~2着に入った7枠の2頭が外からアラモードバイオに蓋をする形で福永騎手は馬群に突っ込まざるを得なくなりました。

これが明暗を分けて、大外を通った2頭がワンツー決着。一方の福永騎手とアラモードバイオは直線で前にいた馬がズラッと壁になり、減速せざるを得ない形になってしまいました。前が開いてからはしっかり伸びて5着まで追い上げただけに、もったいない騎乗でしたね」(競馬誌ライター)

 直線が短い札幌の短距離戦で致命的な出遅れ、そして直線では前が壁になる“ダブルパンチ”を食らった福永騎手。続くメインのWASJ第2戦は12番人気のスパングルドスターに騎乗し、好位で競馬を進めたが、4角手前で早々と失速し、ブービー13着に大敗した。

 2戦を終えて、11ポイントを獲得した福永騎手だが、2日目の第3戦、第4戦はともに近走結果が出ていない格下馬への騎乗を予定している。

 世界の一流相手に14年(当時の名称はワールドスーパージョッキーズシリーズ)と17年に2位に入った経験がある福永騎手。今年は初戦以外の3戦で苦しい戦いを強いられることは分かっていただけに、1番人気馬で迎えた第1戦は是が非でも勝っておきたかったところだろう。

 騎乗馬の質もあるとはいえ、武騎手との差をまざまざと見せつけられた形の福永騎手。巻き返すのは厳しくなったが、このままでは終われない。世界のトップジョッキーとの競演も残り2戦。何とか爪痕を残す騎乗に期待したい。

中川大河

〈著者プロフィール〉

競馬ブーム真っただ中の1990年代前半に競馬に出会う。ダビスタの影響で血統好きだが、最近は追い切りとパドックを重視。

福永祐一、1番人気も「前が壁」で終戦…WASJ「世界を知る」武豊とは歴然の差!?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. デアリングタクト「生みの親」も絶句……「松山君は後ろすぎた」オールカマー(G2)完敗で気になる次走は
  2. 武豊「神騎乗」で菊花賞のパートナーを確保、降板のルーキーに見せつけた「格の違い」
  3. 武豊「韋駄天弟」を完璧エスコート! ハーツクライ産駒史上「初」の白星達成
  4. 武豊も経験した「悲劇」がM.デムーロに直撃! 10年ぶりの夢叶わず、陽気なイタリアンに踏んだり蹴ったりの災難続く
  5. 武豊「宿敵」はやがて「盟友」へ……世間を揺るがせた有馬記念から17年、産駒と築く新たな歴史
  6. 「超大物」JRA騎手が調教師試験に挑戦! 今村聖奈「大ブレイク」の陰で泣く若手騎手… 名門サラブレッドクラブ「解散」秒読み【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  7. JRA “福永祐一先生”が「教え子相手」に赤っ恥!? “鞍上強化”が呼び込んだ重賞初制覇、スプリンターズS(G1)シュネルマイスターに強力助っ人
  8. JRA福永祐一「G1勝てる」安藤勝己「走ってくる」新馬戦で2冠女王スターズオンアースに快勝した大器が再始動V!
  9. JRA M.デムーロ「襲来」を乗り越えてエースの座。関係者も噂する「勝ち切れなかった男」が怒涛の3連勝でキャリアハイ驀進中
  10. C.ルメールの「大本命」撃破に名牝誕生の予感!? 落馬負傷で女傑クロノジェネシスと惜別から約1年4か月「元主戦」に舞い込んだ希望の光