NEW

JRA【小倉2歳S(G3)展望】過去5年で3勝武豊のクリダームに期待大!

【小倉2歳S(G3)展望】逃げ馬不振も…「過去5年で3勝」武豊×クリダームに期待大!の画像1

 夏の小倉開催を締めくくる小倉2歳S(G3)が9月4日に行われる。このレースを通算4勝、過去5年で3勝しているのが武豊騎手だ。

 53歳にして日本ダービー(G1)を制するなど、“レジェンド”として存在感を発揮する武騎手。今年はクリダーム(牡2歳、栗東・須貝尚介厩舎)とのコンビで当レース通算5勝目を狙いにきた。

 前日に行われる札幌2歳S(G3)でもアンテロースでタッグを組む武豊騎手とインゼルレーシング。よりチャンスがあるのは函館2歳S(G3)で2着しているクリダームの方か。

 その前走はスプレモフレイバーとのハナ争いを制して先頭に立つと、ゴール寸前まで粘り込んでの2着。最後は大外から追い込んできたブトンドールに差し切られたが、先行馬がそろって下位に沈んだ結果を考えれば、着差(1.1/4馬身)以上に濃い内容だったともいえる。

 武騎手も「1頭強い馬がいましたね」と勝ち馬を称えた上で、「この馬もいいスピードがありますよ」と、その能力に期待をかけている。

 ただし、最終週の小倉芝は逃げ・先行馬には不利になることが多く、過去10年で初角を1番手で通過した馬は「0-1-0-9」、同2番手だった馬も「2-1-0-12」とさえない。能力は間違いなくあるだけに、当日の馬場もカギとなりそう。

 昨年設立されたばかりのインゼルレーシングの初年度募集馬は、デビューした5頭中2頭がすでに勝ち上がる好スタートを切っている。重賞勝利でさらに勢いを加速させることはできるか。

 新種牡馬サトノクラウンの初年度産駒、メイショウコギク(牝2歳、栗東・南井克巳厩舎)は、当レースを過去3勝している和田竜二騎手とのコンビで臨む。

 今月13日の小倉2歳新馬(芝1200m)でデビュー勝ちしたが、その内容が圧巻だった。外目の枠から積極策で先手を奪ったメイショウコギク。楽な手応えで直線を迎えると、後続との差は離れる一方だった。逃げ・先行馬有利の高速馬場も味方に最後は2着馬に6馬身差をつけた。

 レース後、和田竜騎手は「(今後は)どんどん良くなると思いますし、まだまだ楽しめそうな馬」と将来性に太鼓判を押しており、今回もスピードの違いですんなりハナを奪うことができれば、押し切る可能性もあるだろう。ただし、先述した通り、過去10年は逃げ馬が苦戦しており、その傾向を覆せるかどうか。

 和田竜騎手は13年ホウライアキコ以来、9年ぶり4度目の小倉2歳S勝利を狙う。

 クリダームとメイショウコギクに次ぐ3番手に名前を挙げたいのは、デビュー戦で道中3番手から勝利しているプロトポロス(牡2歳、栗東・西村真幸厩舎)だ。

 6月の中京2歳新馬(芝1200m)で福永祐一騎手を背にデビューしたプロトポロス。単勝1.4倍の1番人気に支持され、道中好位から直線では前にいた2頭を楽々と捉えて初陣を飾った。

 福永騎手は「レースは非常にスムーズで期待通りの走り」と本馬の能力の高さを称え、「次は重賞にチャレンジしてもいい」と語っていた。その言葉通り、約3か月ぶりとなる一戦で重賞勝利を見据える。

 中間の動きも上々で、1週前追い切りは栗東CWで一杯に追われ、6ハロン84秒1をマーク。特に目立ったのがラスト1ハロン10秒9という切れ味。3頭併せでしっかり最先着も果たしている。

 右回りへのコース替わりが数少ない課題の一つとなるが、それさえクリアできれば前を行くであろう2頭を直線で差し切るシーンもありそう。福永騎手は勝てば、03年メイショウボーラー以来、19年ぶり2勝目となる。

JRA【小倉2歳S(G3)展望】過去5年で3勝武豊のクリダームに期待大!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合