NEW

武豊×シルバーステート半弟がデビュー勝ち!『ウマ娘』藤田晋氏を彷彿とさせる新鋭オーナーは驚異の連対率100%スタート

【この記事のキーワード】, ,
武豊×シルバーステート半弟がデビュー勝ち!『ウマ娘』藤田晋氏を彷彿とさせる新鋭オーナーは驚異の連対率100%スタートの画像1
武豊騎手 撮影:Ruriko.I

 28日、札幌競馬場で行われた5Rの2歳新馬は3番人気フォトンブルー(牡2、栗東・武幸四郎厩舎)が優勝。現在は種牡馬として活躍するシルバーステートの半弟が嬉しいデビュー勝ちを決めた。

「動きを含めてまだ緩いし、初戦は厳しいと思っていたが素質で勝ってくれた」

 手綱を取った武豊騎手がそう胸を撫で下ろした7頭立て芝1800mのデビュー戦。無難にスタートを決めたフォトンブルーは、道中で中団4番手を追走する。

 4コーナーにかけて2番手まで押し上げると、逃げ切りを図ろうとしていた1番人気エルデストサンを追うように最後の直線へ。ゴールまで2頭による追い比べが続いたものの、最後は捻じ伏せる様にフォトンブルーが差し切った。

「戦前には陣営が『良くなるのは先』とコメントしていた通り、初戦は様子見かなと思いましたが杞憂に終わりました。タイムや着差に派手さはないものの、まだまだ成長途上といった段階で勝利できたことにポテンシャルの高さが窺えます。昨年のセレクトセールにて1億4850万円で取引された高額馬ですし、先々がより楽しみになりました」(競馬誌ライター)

驚異の連対率100%スタート

 そんな同馬を所有するのがTNレーシングだ。現2歳世代が馬主1年目となる新鋭だが、その勢いが凄まじい。

 現在の所有馬は7頭。初出走となったのは、6月に東京競馬場で行われたダート1400mの新馬戦だった。10番人気と低評価だったモルチャンで、2着に3馬身差をつけて初陣を飾っている。

 またデビュー2頭目となったサイブレーカーは、先月に福島で行われた芝2000mの新馬戦で2着に惜敗するも、続く2戦目の未勝利戦ですぐさま勝ち上がりを決めた。

 さらに今回のフォトンブルーで3勝目を挙げると、同日の新潟5Rの芝1600m戦でデビューしたナイトブレーカーが2着に好走。人気を問わずデビューした4頭全てが、いまだ連対を外していない活躍ぶりは見逃せない。

 思い返せば、昨年は人気競馬アプリ『ウマ娘 プリティーダービー』(Cygames)で知られる藤田晋オーナーが馬主1年目から大きな存在感を発揮した。

 初年度から「5億円ホース」のドーブネで新馬→ききょうS(2歳OP)を連勝し、朝日杯フューチュリティS(G1)でG1初出走を叶えると、翌年にはジャングロでニュージーランドT(G2)を制して初重賞制覇を遂げるなど度々話題を集めた。

 上述した2頭を含む、所有馬5頭中4頭が中央で勝ち上がる驚異的な相馬眼を発揮し、競馬界に新たなる風を巻き起こした一人である。

 そして、今年のTNレーシングもデビューした4頭中3頭がすでに勝ち上がっており、昨シーズンの藤田オーナーに匹敵する勢いがある。

 まだデビューを控えているホッコータルマエ産駒のギガボルト、青葉賞(G2)で1番人気に支持されたレヴァンジルの妹クイーンノジョウ、日本の数少ない産駒の中から高松宮記念(G1)を制したモズスーパーフレアを輩出したスパイツタウンを父に持つニトロジャーニーなども、初戦から注目する必要があるだろう。

 今後も新鋭オーナーの快進撃から目が離せない。

ハイキック熊田

〈著者プロフィール〉

ウオッカ全盛期に競馬と出会い、そこからドハマり。10年かけて休日を利用して中央競馬の全ての競馬場を旅打ち達成。馬券は穴馬からの単勝・馬連で勝負。日々データ分析や情報収集を行う「馬券研究」三昧。女性扱いはからっきし下手だが、牝馬限定戦は得意?

武豊×シルバーステート半弟がデビュー勝ち!『ウマ娘』藤田晋氏を彷彿とさせる新鋭オーナーは驚異の連対率100%スタートのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合