NEW

ドウデュースやクロノジェネシスを輩出…小倉2歳Sデーの密かな出世レースが見逃せない

【この記事のキーワード】, ,

ドウデュースやクロノジェネシスを輩出…小倉2歳Sデーの密かな出世レースが見逃せないの画像1

 4日、小倉競馬場では小倉2歳S(G3)が行われる。夏の小倉開催を締めくくる2歳重賞に、スピード自慢の若駒たちが集結。過去10年の優勝馬のうち、半数を超える6頭が後に芝1600m以下の重賞を制するなど、“出世レース”としても毎年注目を集めている。

 昨年はナムラクレアがこの舞台で重賞初勝利を挙げ、その後も世代限定の大舞台で奮闘。今夏は函館スプリントS(G3)を制し、北九州記念(G3)も進路取りのロスがありながら3着。現在サマースプリントシリーズで首位を走るなど、JRA屈指のスプリンターへと飛躍を遂げた。

 今年も新星の登場に期待が膨らむ中、この日の小倉競馬場で注目すべきなのはメインレースだけではない。近年にわかにその価値を上げているのが、小倉2歳S当日に行われる芝1800mの新馬戦である。

直近5年の勝ち馬のうち、実に4頭が重賞ホース

 昨年このレースを勝ったのはドウデュース。新馬勝ちの後は東京でアイビーS(L)を勝利し、無敗で挑んだ朝日杯FS(G1)を制覇。3連勝で2歳G1チャンピオンへと登り詰めた。

 その後は弥生賞ディープインパクト記念(G2)で2着、皐月賞(G1)は3着と中山で勝ち切れなかったものの、東京に舞台が替わった日本ダービー(G1)を制覇。現在は10月にフランスで行われる凱旋門賞(仏G1)に向けて、国内で調整を続けている。

 過去のレースの勝ち馬を見てみても、2019年の覇者・ヴェルトライゼンデは新馬と萩S(L)を連勝した。その後は世代限定の重賞で善戦。勝利こそ挙げることはできず、2021年のAJCC(G2)を最後に約1年半の休養を余儀なくされたが、今年6月の鳴尾記念(G3)で悲願の重賞勝利を成し遂げた。

 その前年、2018年の勝ち馬はあのクロノジェネシス。2020年の宝塚記念(G1)からグランプリ3連覇を成し遂げ、G1を計4勝した怪物牝馬も、小倉2歳Sデーの芝1800mメイクデビューの出身だった。さらに2017年の勝ち馬であるメイショウテッコンも、ラジオNIKKEI賞(G3)と日経賞(G2)で重賞2勝を挙げている。

 近年では唯一2020年の勝ち馬・アドマイヤザーゲだけが重賞タイトルに手が届いていないが、こちらは3歳夏から長期休養を強いられていただけに、仕方がない部分もあるだろう。そんな中でも、1年以上の休み明けで挑んだ今年8月の宮崎特別(2勝クラス)を快勝。今後に期待を抱かせるレースぶりを見せており、引き続き注目だ。

 このように、直近5年の勝ち馬のうち、実に4頭が重賞ホースとなった。G1を計6勝という実績は、過去の「伝説の新馬戦」と呼ばれたレースと比較しても決して引けを取らない。

 次なるスター候補は一体どの馬か。今年この“登竜門”に早くから参戦を表明していたのが、ドウフォルス(牡2歳、栗東・友道康夫厩舎)だ。

 武豊騎手×友道厩舎のコンビは前年度の覇者・ドウデュースと同じで、父も同じハーツクライ。しかも、馬主もドウデュースを所有するキーファーズの代表である松島正昭氏が立ちあげた新設クラブのインゼルレーシングだから、ドウデュースの直属の“後輩”と言っても過言ではない。

 母は違うものの、友道師は「胴が詰まっていてパワータイプ」と印象を語り、「ドウデュースに似ている」というコメントも。追い切りで感触を確かめた武豊騎手も、「いきなり比較するのはかわいそうだが……」と前置きはしつつ、「ドウデュースもデビュー当時はもたもたするところがあった。ここからどう成長してくれるか楽しみ」と期待を口にしている。

 ドウフォルスが偉大な“先輩”に続くのか、はたまた別の新星候補が登場するのか。9月4日は小倉2歳Sだけでなく、お昼の新馬戦からも目が離せない。

木場七也

〈著者プロフィール〉

29歳・右投右打。

本業は野球関係ながら土日は9時から17時までグリーンチャンネル固定の競馬狂。

ヘニーヒューズ産駒で天下を獲ることを夢見て一口馬主にも挑戦中。

ドウデュースやクロノジェネシスを輩出…小倉2歳Sデーの密かな出世レースが見逃せないのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合