NEW

パチスロ「高い連チャン性と多彩な出目でファンを魅了」~4号機名機伝説~『ビーチガール』前編【アニマルかつみの回胴青春時代Vol.106】

【この記事のキーワード】, , ,

パチスロ「高い連チャン性と多彩な出目でファンを魅了」~4号機名機伝説~『ビーチガール』前編【アニマルかつみの回胴青春時代Vol.106】の画像1

 1980年代初頭のパチスロ黎明期に業界に参入。数々の名機を市場に送り込んできた老舗名門メーカー、オリンピア。

 アップライト型0号機の初代「プレイガール」を筆頭に、2号機トップクラスのヒットを記録した『バニーガール』と、その続編である『スーパーバニーガール』、4号機第1弾の『プレイガールV』とその後継機『プレイガールクイーンⅡ』などなど、機種名に「ガール」の呼称を付けるのが、かつての同社の慣例となっていた。

 そんな、オリンピア「ガール」シリーズの最終作となったのが、1994年暮れにリリースされた4号機第3弾『ビーチガール』である。

『ビーチガール』

パチスロ「高い連チャン性と多彩な出目でファンを魅了」~4号機名機伝説~『ビーチガール』前編【アニマルかつみの回胴青春時代Vol.106】の画像2
 仕様は、前2作が集中役を搭載したA‐Cタイプだったのに対し、市場のニーズに応えてか方向を転換。BR2種類のボーナスで出玉を増やす、スタンダードなAタイプとなっている。

 スペックは、全設定300分の1を大きく上回るビッグをメインに、REGも全設定にわたって高めの値が奢られており、ボーナスの連続性を重視して設計されていることが伺える。パチスロ「高い連チャン性と多彩な出目でファンを魅了」~4号機名機伝説~『ビーチガール』前編【アニマルかつみの回胴青春時代Vol.106】の画像3パチスロ「高い連チャン性と多彩な出目でファンを魅了」~4号機名機伝説~『ビーチガール』前編【アニマルかつみの回胴青春時代Vol.106】の画像4 実際、ホールの稼動でも高い連チャン性を発揮。時にノーマルとは思えぬ速攻連打が頻発し、プレイヤーを驚かせた。 また、連チャン性が激しいばかりでなく時に強烈なハマリを見せるなど、波の荒さは「じゃじゃ馬娘」の異名をとった2-2号機『スーパーバニーガール』を彷彿させるものだった。

 そんな灼熱的なゲームを鮮やかに彩るのが、前作『プレイガールクイーン2』をさらにグレードアップした、多種多彩なリーチ目。

 基本となるのは、ビッグ絵柄の「7」や「BAR」が一直線に並ぶパターン。一部例外を除き、いずれもビッグ確定となった。

 大量リーチ目の定番ともいえるチェリー付きボーナス絵柄のハサミ目も、問答無用で鉄板。右リールに、REG絵柄のスイカや特定のチェリーが代用絵柄として停止するパターンもあった。

パチスロ「高い連チャン性と多彩な出目でファンを魅了」~4号機名機伝説~『ビーチガール』前編【アニマルかつみの回胴青春時代Vol.106】のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合