NEW

大連チャン中「大当り無効」に!? アクシデントが続出したパチンコ店

【この記事のキーワード】, ,

大連チャン中「大当り無効」に!? アクシデントが続出したパチンコ店の画像1

時代と共に変化を遂げたパチンコ店の接客

 現在のパチンコ店は「お客様第一主義」を企業理念に掲げるところが多いです。そのため、マニュアル通りにお客様を大切にするような接客に色々と出会うことがあります。

 いつの頃から接客が変わったのか…それはCR機が導入された平成初期辺りぐらいではないかという印象です。その原点として、今や全国大手法人のM店の名前をあげる方は多いと思います。

 M店ではパチンコ店の接客をサービス業と位置づけ、その接客の心構えから教育をしていたようです。それが発端となって、他の業種が見習うほどにパチンコ店の接客が劇的に変わったとも言えるでしょう。

 しかし、その潮目が変わる辺りでパチンコを始めた私は、ひと昔前のパチンコ店の「手荒い接客」を様々経験しました。現在ならば、訴えたら勝てるレベルだと確信できます。

その中から、かなり酷いものを厳選してお届けしたいと思います。

「様々なトラップ」を仕掛けてくる怖いパチンコ店

 それは、機種のラインナップが良いのに接客が怖いパチンコ店(B店)についてです。

 B店は他のパチンコ店などでは導入していたメジャーな機種ではなく、マイナーな機種を導入。それなりに稼動していました。ただし、接客はこの時代に当たり前の怖く感じるもの。そんなお店での嫌なことは何だったのでしょうか?

 私はB店との相性が、何故だか良かったのです。打っていた時の勝率が8割ぐらいでした。でも、そのプラス収支になっているのを店員さんたちが嫌だったのでしょうか…。様々なトラップを仕掛けられてきました。

大連チャン中「大当り無効」に!? アクシデントが続出したパチンコ店のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合