NEW

武豊、札幌・小倉であるぞ「15年ぶり」快挙!前回は“3日連続”にあと一歩……

【この記事のキーワード】, ,
武豊、札幌・小倉であるぞ「15年ぶり」快挙!前回は3日連続にあと一歩……の画像1
武豊騎手

 JRA通算4374勝、重賞349勝、G1・79勝を誇るレジェンド武豊騎手。53歳となった今年も5月に自身6度目の日本ダービー(G1)制覇を果たすなど、いまだその存在感を示し続けている。

 今週末は土曜に札幌2歳S(G3)、日曜には九州に移動して小倉2歳S(G3)での騎乗を予定。コンビを組むのは、どちらもデビューから手綱を取るインゼルレーシング所有の2歳牡馬だ。

 札幌2歳Sでパートナーを務めるのは3戦1勝のアンテロース(牡2歳、栗東・岡田稲男厩舎)。初戦は4着に敗れたが、2戦目で単勝1.2倍の断然人気に応え、勝ち名乗りを上げた。

 続くコスモス賞(OP)では煽り気味のスタートで痛恨の立ち遅れ。後方からの競馬を強いられると、勝ったモリアーナから1秒0差の4着に敗れた。それでも、メンバー3位タイの上がり時計をマークし、見せ場は作った。今回はブラストウェーブら手強い相手がそろったが、2度のコース経験を生かして、一発を狙いたい。

 翌日の小倉2歳Sはクリダーム(牡2歳、栗東・須貝尚介厩舎)とのコンビで臨む。こちらは31日現在、『netkeiba.com』の予想オッズで1番人気に支持されているように、最有力視されている1頭だ。

 前走・函館2歳S(G3)はハイペースで逃げ、これを追いかけた先行馬はそろって大敗。そんななか、クリダームは2着に逃げ粘っており、ここでもマイペースの競馬ができればチャンスは大いにあるだろう。

 最終週を迎える小倉だが、先週の競馬を見る限り、芝はまだ先行馬有利という状態。武騎手は今回もハナを主張していくのか、好枠をゲットしての粘り込みに期待したい。

札幌・小倉であるぞ「15年ぶり」快挙!

 もし武騎手が同じ週に複数の重賞を勝利すれば、2007年以来、15年ぶりの快挙となる。

 前回は2007年11月の3日間開催で金曜日(京阪杯=サンアディユ)と土曜日(ジャパンCダート=ヴァーミリアン)に重賞を連勝していた。この時は日曜日のジャパンC(G1)でも1番人気のメイショウサムソンに騎乗。3日連続重賞勝利という偉業を狙ったが、惜しくもアドマイヤムーンの3着に敗れている。

 それ以前も同じ週に重賞2勝を何度も達成している武騎手だが、同週に重賞3勝は結局一度もないまま今に至る。今年は凱旋門賞(仏G1)直後の10月8~10日の3日間にサウジアラビアRC(G3)、毎日王冠(G2)、京都大賞典(G2)が行われる。なんとか騎乗馬を確保して、偉業に再チャレンジしてもらいたいところだ。

 そのためにも、まずは今週末の札幌と小倉で自身15年ぶりの2日連続重賞勝利を飾り、夏競馬を最高の形で締めくくりたい。

中川大河

〈著者プロフィール〉

競馬ブーム真っただ中の1990年代前半に競馬に出会う。ダビスタの影響で血統好きだが、最近は追い切りとパドックを重視。

武豊、札幌・小倉であるぞ「15年ぶり」快挙!前回は“3日連続”にあと一歩……のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合