NEW

20年以上の時を経て名機復活… 「AR1000&激アマ要素」を搭載した新機軸のパチスロ6.5号機にファン熱視線‼

【この記事のキーワード】,
20年以上の時を経て名機復活… 「AR1000&激アマ要素」を搭載した新機軸のパチスロ6.5号機にファン熱視線‼の画像1
公式HPより

 初代の興奮と感動がよみがえる。一大エンターテインメント企業のサミーはこのほど、最新6.5号機『パチスロ ハードボイルド』のデジタル小冊子や試打動画を公開し、詳しいゲーム性を明らかにした。

20年以上の時を経てサミークラシック第5弾として登場

20年以上の時を経て名機復活… 「AR1000&激アマ要素」を搭載した新機軸のパチスロ6.5号機にファン熱視線‼の画像2

 本機はSUPER BIG CHANCE(SBB)、BIG CHANCE(BB)、REGULAR BONUS(RB)と3種類の疑似ボーナスを搭載しており、SBBとBBは約300枚、RBは最大約60枚の獲得が可能。SBB消化後はAT「BULLET RUSH」突入が濃厚で、BB消化後は初代と同じく2回に1回の割合でATへと結び付く。

 ボーナスは各種小役と重複する可能性があり、ハズレ→スイカ→リプレイ→チェリー→強ボトルの順に期待度アップ。音がいつもと違えば強ボトルのサインとなるようだ。

 SBBとBBは最大40Gの小役ゲームと12GのJACゲームで構成され、JAC INで始まるJACゲームは最低3回消化で終了。SBB及び通常時のBB中は3回目の逆押しナビ発生時、左リールにBAR絵柄をアバウトに目押しすれば75%、2連白7絵柄を枠内に目押しすれば100%JAC INハズシができ、小役ゲームを完走させることで出玉の上乗せが狙える。

20年以上の時を経て名機復活… 「AR1000&激アマ要素」を搭載した新機軸のパチスロ6.5号機にファン熱視線‼の画像3

 ATは1G純増約0.8枚、1セット基本50Gの完走型で、消化中はリーチ目出現でボーナスストック。ヒキ次第では1セットで何個もストックを得られ、ストック獲得時はAT終了時にボーナス1個消化→次セットのATスタート…といった流れを辿る。また、AT中にBB告知が発生&開始することもあり、その後はもちろん、AT継続が濃厚だ。

 AT中のBBは技術介入なしのオートハズシで、AT中のSBBと共に消化中はチャンス役成立でJAC上乗せ抽選。「!!!」ナビなどの発生はチャンス役成立に期待でき、ジョニーが敵を狙撃すれば上乗せへと繋がる可能性大だ。

 通常時の演出は初代を彷彿とさせるクラシックな演出が満載で、特殊音はスイカorBB、遅れはチェリーorボーナス、1消灯は全役対応、2消灯はリプレイorチャンス役以上、全消灯はシューティングチャレンジへと発展。ルーレット演出は図柄が揃えば小役以上、3つ揃いでチャンスを迎え、背景予兆演出はアングルに応じてパターンが変化する。

 カットイン演出は3種類で、ジョニーはスイカ、ニーナはボトル、ナナはリプレイ対応。先述したシューティングチャレンジは3種類のボイスで期待度が変化し、スナイプチャンスはキャラ3人で激アツとなるようだ。

20年以上の時を経て名機復活… 「AR1000&激アマ要素」を搭載した新機軸のパチスロ6.5号機にファン熱視線‼の画像4

 このほか、本機はRB開始時び液晶画面ブラックアウトでプレミアムルーレットボーナスが発動し、50%で「RUSH1000」に当選。首尾よく突入すればAT20セット以上が見込めることから、大量出玉は約束されたも同然と言えるだろう。 

 懐かしの「ボーナスバンクシステム」を採用した新ジャンルの「A300+AT」仕様。気になる導入は10月上旬予定だ。

(文=編集部.)

20年以上の時を経て名機復活… 「AR1000&激アマ要素」を搭載した新機軸のパチスロ6.5号機にファン熱視線‼のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合