NEW

パチスロ「単なるデザイン違いの焼き直しと思っていたが…」~4号機名機伝説~『ビガー』前編【アニマルかつみの回胴青春時代Vol.108】

【この記事のキーワード】, , ,

パチスロ「単なるデザイン違いの焼き直しと思っていたが…」~4号機名機伝説~『ビガー』前編【アニマルかつみの回胴青春時代Vol.108】の画像1 伝統ある「ペガサス」の名と訣別し、新たなシリーズ展開によるシェア拡大を目指してリリースされたパル工業の4号機第3弾『C51SP』。

 3号機時代の同社のマシンと同様、本作はデビューからほどなく裏モノ化し、「ビッグ成立の前触れとしてリプレイが異常に偏って出現する」というバージョンが各地に出現。話題となった。

 そんな風に『C51SP』が攻略情報誌の誌面を賑わせていた1995年春、早くも続編となる新作がリリースされた。

 夜のニューヨークはマンハッタンをイメージさせるダークブルーをバックに星条旗がはためく大胆なパネルデザインが印象的なマシン、『ビガー』である。

『ビガー』

パチスロ「単なるデザイン違いの焼き直しと思っていたが…」~4号機名機伝説~『ビガー』前編【アニマルかつみの回胴青春時代Vol.108】の画像2
『C51SP』からの流れで、パチスロ必勝ガイドでの本作の担当を任されることとなったのだが、まずは何より機種名に対して「…な、なんじゃそりゃ!?」というのが、個人的なファースト・インプレッションだった。

 そもそも「vigor」という英単語は、「精力」や「活力」などを意味する名詞で、「ビガーパンツ」という男性向けのコンプレックス解消〇着がその昔、流行っていた。真っ先にそれを連想してしまったのである。

 一方で、バブル期に「デートカー」としてもてはやされた同名のクルマがあったことも、ほんのり思い出した。

 余談はさておき、基本仕様は前作を踏襲したスタンダードなAタイプ。絵柄が異なるだけで、役構成や払い出しから絵柄配列に至るすべてが『C51SP』と同じだった。

パチスロ「単なるデザイン違いの焼き直しと思っていたが…」~4号機名機伝説~『ビガー』前編【アニマルかつみの回胴青春時代Vol.108】のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合