NEW

武豊の「お祭り騒ぎ」にJRAも安堵!? 存在感なしの外国人騎手たち…隠れた問題点に「フェアじゃない」という声も

武豊優勝の「お祭り騒ぎ」にJRAも安堵!? 存在感なしの外国人騎手たち…隠れたWASJの問題点に「フェアじゃない」という声もの画像1
武豊騎手 撮影:Ruriko.I

「30年前は生まれていない人もいるので恥ずかしいですが、すごくうれしいです」

 日本競馬が誇るレジェンド・武豊騎手の優勝で幕を閉じた今年のワールドオールスタージョッキーズ(WASJ)。新型コロナウイルスの影響で3年ぶりの開催となったが、1992年以来30年ぶり2度目の優勝が決まった際はTwitterのトレンドに「武豊」が浮上するなど、概ね大成功だったと言っていいだろう。

 ただ、その一方で現場にいた関係者の間では、いくつかの問題点もあったようだ。

「以前からこの時期の札幌開催には疑問がありましたが、正直、今年はどうなるか心配していました」

 そう話すのは現場にいた記者だ。というのもWASJは以前、ワールドスーパージョッキーズシリーズという名称で12月の阪神で行われていたイベントであり、夏の札幌で開催されるようになった2015年以降、「ちょっと盛り上がりに欠けていた」という。

 単純に大阪にほど近い阪神競馬場と、北海道の札幌競馬場という地理的な問題もあるが、それ以上に毎年のWASJが開催される8月は、欧州や米国の競馬が開催真っ盛り。当然、世界的な名声を持つトップジョッキーの招聘は難しく、夏がシーズンオフの香港や年中開催しているオセアニア地区の騎手の割合が明らかに増えたという。

ネット上の競馬ファンから「誰?」という冷ややかな声も…

「日本のトップジョッキーが世界の騎手と技を競い合うイベントですから、目玉になるような外国人騎手が来ないと、どうしても注目度が低くなってしまいます。今年は2019年以来の久々の開催だったのに、始まる前はほとんど注目されてなくて……。

今年はまだコロナの影響もあって、JRAも外国人騎手の招聘に四苦八苦していたみたいですが、正直『武豊騎手が大活躍してくれたから盛況に終わった』と言っても過言ではないと思います」(前出の記者)

 今年の外国人騎手の中には、すでに短期免許で騎乗していた香港のC.ホー騎手や、かつて日本の天皇賞・春(G1)やNHKマイルC(G1)を勝つなど活躍した豪州のC. ウィリアムズ騎手らの名もあったが、他の外国人騎手に対してはネット上の競馬ファンから「誰?」という冷ややかな声も……。

 初来日の騎手たちについては、唯一の女性騎手だったフランスのC.パコー騎手が美人ジョッキーとして話題に上る程度だった。

武豊の「お祭り騒ぎ」にJRAも安堵!? 存在感なしの外国人騎手たち…隠れた問題点に「フェアじゃない」という声ものページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合