NEW

パチンコST突入を「物理でガチ抽選」真剣勝負を楽しめた名機!!

【この記事のキーワード】,

パチンコST突入を「物理でガチ抽選」真剣勝負を楽しめた名機!!の画像1

今ではデジタル抽選がメインのパチンコ分野

 役物を使用した大当りへのアプローチが、物理法則そのままに行われる。昭和や1990年代なら当り前となるこの概念も、演出が飛躍的に進化した現代的パチンコにおいては当然の前提とはならない。たとえギミックによる大当り抽選だとしても恣意性が介在することもあるのだ。

 ゴトなどの不正と常に戦ってきた役物機は、単純に「演出」として見せる装置以上の意味合いを持たず、大当りするかどうかは放出タイミングなど電子的な制御が働いているようなパターンもある。これが、デキレ(出来レース)と呼ばれるものになる。

 出来レースとは、競技者が前もって示し合わせ勝者を決めている状態で形だけレースを行うことを意味する。いわば八百長ということだ。こういうと悪い意味に捉えられそうだが、競技者も開催者も客もみなが合意しているのなら問題はない。

 デキレの役物は、ホールもメーカーも打ち手も安心してプレイできる。ゴトによる損害もなければ稼働停止といった不利益を被ることもない。プレイヤーはわかったうえで遊技すれば良いだけである。また、デジタル抽選と同じなのでホールによるネカセなどの調整を受けず、誰もが平等に遊べるメリットもある。

 ただ面白くはない。いや、表現が違うか。興奮はしないのである。あらかじめ結果が決まっているからだ。犯人がわかっている推理小説を読んでもドキドキはしないだろう。

 そして、出来レースの反対にいるのが「ガチ抽選」である。落とした玉が右と左、どちらに跳ねるか。まったくの運に委ねる抽選の方法。神はサイコロを振らないとはいうが、その結果は神のみぞ知る、である。

「ガチ抽選」が特徴のマシンが登場

 さて、ガチ抽選。好んで使われだしたのは2014年に登場した『CRフィーバーモーレツ宇宙海賊』あたりからだろうか。この機種では大当りラウンド振り分けにクルーン役物を使用し、玉が入賞した穴によってラウンド数が決定されるというゲーム性だ。

パチンコST突入を「物理でガチ抽選」真剣勝負を楽しめた名機!!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合