NEW

JRAサンレイポケットは消し!コーナー打ち切り危機もどこ吹く風、穴党2人の選んだ爆穴に激走の予感【新潟記念(G3)予想】

JRAサンレイポケットは消し!コーナー打ち切り危機もどこ吹く風、穴党2人の選んだ爆穴に激走の予感【新潟記念(G3)予想】の画像1

 パンサラッサの好走で初的中の期待も大きかった札幌記念(G2)だったが、G1級といわれるスーパーG2を制したのは、2人揃って無印に軽視したジャックドール。1週間の休みを挟んで再開する今週は新潟記念(G3)で的中を狙う。

 本企画は一応、編集部きっての穴党・黒井零と逆神の中川大河による「独断と偏券」の予想対決。4連敗の現状に早くもコーナー打ち切りの噂もチラホラ出始めているが、結果を出して見返したいところだ。

黒井零(以下、黒井):Love Is The Mystery 私を呼ぶの~。競馬とはミステリーだなあ。

中川大河(以下、中川):いきなりどうしたんですか。悪いものでも食べました?

黒井:鈍いなあ。先週の新潟2歳S(G3)をキタウイングが勝ったでしょ。伝説の歌姫・中森明菜様がTwitterのアカウントを開設して、待望の活動再開だって。代表曲のひとつと同じ馬名の馬が勝ったのもきっとこれのサインだったんだよ。

中川:それはともかくとして、先週はいきなり休みだったので、知り合いからコーナーが打ち切りになったんじゃないかって心配されちゃいました。回収率60%の人間によくそんな酷いことが言えますよね。

黒井:いや、さすがにそれはちょっと(笑)。そういうのもあって、データ理論派の私にかかるプレッシャーもそれなりに感じている訳だけど、夏休みのお陰でリフレッシュ出来たから、短期放牧の効果を見せたいところ。

中川:私が◎にしたからパンサラッサは来ないなんていっているからですよ。逆神で有名な某芸人だって最近当たってたじゃないですか。もはや時間の問題です。

黒井:彼以上に当たらない人間が言っていることが、既に問題の気もするけど……。

穴党2人の選んだ爆穴に激走の予感

中川:という訳で今回自信の「◎」には、プリマヴィスタを抜擢しました。今夏のトレンドは何といっても軽量馬の活躍が目立っています。前走大敗したこともあって53キロのここは、人気もなくて絶好の狙い目といえそうです。

黒井:ちょっと狙っていただけに嫌な馬を指名してきたな。フレグモーネで小倉記念(G3)を取り消したけど、世界の矢作芳人厩舎が出してきたからには走れる状態にあるってことよね。穴人気しているイクスプロージョンには、5月中京の三方ヶ原S(3勝クラス)で3馬身の差をつけた上に2分9秒0のレコードのオマケつき。力は足りてそう。

中川:勝負師の松岡正海騎手が騎乗するのも面白いと思っています。こりゃもう勝ったも同然ですね。そういや黒井さんの本命はどの馬ですか。

黒井:基本は穴党なんだけど、今回の「◎」はカイザーバローズにした。新潟記念はハンデ戦だけあって、やっぱり勝ち馬の斤量は軽視できない。過去10年でも57キロの勝利は、3年前のユーキャンスマイルのみ。6歳牝馬コスモネモシンの52キロや3歳馬ブラストワンピースの54キロなんかもあるけど、7勝を挙げている55キロ、56キロ組を中心視したいね。

中川:津村明秀騎手って、今年それほど活躍してないイメージありますけど大丈夫なんですか?

黒井:分かってないなあ。津村騎手は新潟でこそ輝くのよ。2016年に同じ条件の新潟大賞典(G3)を10番人気パッションダンスで穴を開けたのは記憶に新しい。

中川:もう6年も前じゃないですか。おじさんのちょっと前ってアテにならないですね(笑)

黒井:うるさいなあ。あと、ディープインパクト産駒も新潟芝の中距離で圧倒的な成績を残しているのも好材料。直線の長いコースで切れ味が生きている感じ。「○」も七夕賞(G3)で強い勝ち方だったエヒトに期待する。

中川:ただ54キロの前走から一気に3キロ増えたのが懸念材料ですね。私の「○」はフォワードアゲンです。陣営がブービー人気で快勝した前走のSTV賞(3勝クラス)を「フロックじゃない」と言っていたのが気になります。鞍上の江田照男騎手も過去に新潟記念を3勝している得意条件でもあります。人気しそうなサンレイポケットは、掲示板までと見て消しました。

黒井:鮫島克駿騎手を推しているけど、そこは一致。ただエヒトとヒートオンビートが逆神と被っているのが嫌だなあ。

中川:半分だけよ逆神のマネ、あとの残り純粋なまま。それでもまだ私悪くいうの。

黒井:いいかげんにして!ってなんだよ、知っているじゃないか(笑)

中川:すみません。実は結構好きです明菜様。

■中川の予想
◎プリマヴィスタ
○フォワードアゲン
▲ヒートオンビート
△エヒト
×スカーフェイス

※馬券は6枠から総流しと◎○▲のワイドボックス。

■黒井の予想
◎カイザーバローズ
○エヒト
▲ヒートオンビート
△レッドジェネシス
×プレシャスブルー

※父ディープと母父ディープ5頭で勝負。馬券は◎から馬連とワイドで。

JRAサンレイポケットは消し!コーナー打ち切り危機もどこ吹く風、穴党2人の選んだ爆穴に激走の予感【新潟記念(G3)予想】のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. デアリングタクト「生みの親」も絶句……「松山君は後ろすぎた」オールカマー(G2)完敗で気になる次走は
  2. 武豊「神騎乗」で菊花賞のパートナーを確保、降板のルーキーに見せつけた「格の違い」
  3. 武豊「韋駄天弟」を完璧エスコート! ハーツクライ産駒史上「初」の白星達成
  4. 武豊も経験した「悲劇」がM.デムーロに直撃! 10年ぶりの夢叶わず、陽気なイタリアンに踏んだり蹴ったりの災難続く
  5. 武豊「宿敵」はやがて「盟友」へ……世間を揺るがせた有馬記念から17年、産駒と築く新たな歴史
  6. 「超大物」JRA騎手が調教師試験に挑戦! 今村聖奈「大ブレイク」の陰で泣く若手騎手… 名門サラブレッドクラブ「解散」秒読み【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  7. JRA “福永祐一先生”が「教え子相手」に赤っ恥!? “鞍上強化”が呼び込んだ重賞初制覇、スプリンターズS(G1)シュネルマイスターに強力助っ人
  8. JRA福永祐一「G1勝てる」安藤勝己「走ってくる」新馬戦で2冠女王スターズオンアースに快勝した大器が再始動V!
  9. JRA M.デムーロ「襲来」を乗り越えてエースの座。関係者も噂する「勝ち切れなかった男」が怒涛の3連勝でキャリアハイ驀進中
  10. C.ルメールの「大本命」撃破に名牝誕生の予感!? 落馬負傷で女傑クロノジェネシスと惜別から約1年4か月「元主戦」に舞い込んだ希望の光