NEW

【新潟記念(G3)予想】人気の一角ヒートオンビートも押さえまでで、サンレイポケットは切り! 超特大穴馬を狙い撃って万馬券ゲット!

【新潟記念(G3)予想】人気の一角ヒートオンビートも押さえまでで、サンレイポケットは切り! 超特大穴馬を狙い撃って万馬券ゲット!の画像1

 今回は夏の新潟開催の締めくくり、かつサマー2000シリーズ最終戦となるハンデ重賞・新潟記念(G3)を予想していく。

 まずは過去10年、馬券に絡んだ30頭の前走データを見ていこう。
小倉記念 8頭
七夕賞 5頭
函館記念 4頭
ジューンS(3勝クラス) 2頭
天皇賞・春、大阪杯、日本ダービー、新潟大賞典、エプソムC、中京記念、クイーンS 各1頭
オープン特別 2頭
条件特別(3勝クラス) 2頭
となっている。サマー2000シリーズに組み込まれている2000m重賞からの転戦馬が半数以上。中2週と決して楽なローテーションではないはずだが、小倉記念(G3)からの転戦馬が多いのが目に付く。前走条件戦より重賞組の好走が多いのでG3格付けながらそれなりに実力がないと好走は厳しいのだろう。

 続いて人気順の成績を見てみる。
1番人気 2-2-0-6
2番人気 3-0-1-6
3番人気 0-2-1-7
4~6番人気 2-3-1-24
7~9番人気 1-3-4-23
10番人気以下 2-0-3-73
となっている。上位人気が今ひとつ信用できない数字。近5年に絞っても上位人気のどれかは馬券に絡んでいるが、上位人気のみでの決着はない。また昨年、一昨年は2番人気と3番人気が好走し、そこに穴馬が絡んでというパターンで決着している。中穴以下の馬でも好走例が多く、昨年は12番人気が勝利しているなど人気薄でも来るのでデータの吟味が必須だ。


 これを踏まえて「◎」は18番フェーングロッテンとする。

 前走はラジオNIKKEI賞(G3)。逃げ・先行有利な馬場で中団から競馬を進める。直線で逃げ粘る前の馬を上がり3位の脚で猛然と追い込み、3/4馬身差だけゴール前交わして重賞制覇した。

 昨年のスプリンターズS(G1)の覇者、ピクシーナイトの半弟ということで父がブラックタイドに替わって距離適性が中距離向きになったようだ。デビュー3戦で未勝利を勝ち上がるも1勝クラスの脱出でつまずき、格上挑戦となった白百合S(L)でオープン入り。さらに連勝で重賞制覇となった上がり馬である。

 そもそもこのレースは3歳馬の出走がさほど多くない上に、過去10年で馬券になったのは18年のブラストワンピースただ1頭。一昨年は1番人気に推されたワーケアが10着に飛んでいるなど、3歳馬にとっては壁が厚いレースと言える。

 フェーングロッテンはクラシックに間に合わず、自己条件を走って出世してきたためブラストワンピースとの単純比較はできないが、少なくともリステッドと重賞を連勝してきた実力は相応に評価できよう。

 陣営は状態の良さを強調しつつ、初対戦となる古馬との力関係がどうなるかとコメントしているが、3歳馬ということもあり重賞を勝っていながらもハンデは前走から2kg減とだいぶ楽をできる。トップハンデと4.5kg差があり、今の連勝の勢いがあれば逆転の目はあると見る。


「○」は16番カイザーバローズを挙げる。

 前走は鳴尾記念(G3)。勝ったヴェルトライゼンデとほぼ同じ位置取りで競馬を進め、直線で追い上げを図るが思ったよりも伸びず6着に敗れている。

 4歳馬ながらまだ9戦しか使われておらず、うち6戦は馬券になっているという堅実派。前走は6着と着順でいうと結構負けている感はあるが、着差はわずか0.4秒。走破タイムも1分58秒1と2000mとしては好タイムをマークしている。2走前の新潟大賞典(G3)ではスタートで不利がありながらも0.1秒差の2着と健闘。

 左回りコースに良績があり、2走前は今回と同条件で2着していることからも新潟コースは向いているのだろう。陣営も調整が上手くいって走りが良くなっているとコメント。気性面でやや難があり、ゲートに不安があるともしているが、今回は偶数番かつ外枠を引いたのでこの部分もそれほど問題にならないだろう。

 前走より1kg減で出られるのも魅力。そこそこ人気しそうではあるが、積極的に押さえてみたいと思う。

【新潟記念(G3)予想】人気の一角ヒートオンビートも押さえまでで、サンレイポケットは切り! 超特大穴馬を狙い撃って万馬券ゲット!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合