NEW

JRA武豊「ベタ惚れ」の大物3歳牝馬に復帰の足音。かつて「ドウデュース以上」と評された逸材は秋華賞(G1)に間に合うか

【この記事のキーワード】, ,
JRA武豊「ベタ惚れ」の3歳牝馬に復帰の足音。かつて「ドウデュース以上」と評された超大物は秋華賞(G1)に間に合うかの画像1
ウォーターナビレラ 撮影:Ruriko.I

 今春の牝馬クラシックをウォーターナビレラとのコンビで挑んだ武豊騎手。

 昨秋のファンタジーS(G3)を勝つなど、早くから非凡なスピードを見せていた快速牝馬は桜花賞(G1)でも2着と、そのポテンシャルを発揮したものの2400mのオークス(G1)では13着に大敗……。

 レース後、「ゲートで待たされてしまって、突進してしまいました」と主戦騎手が述べたようにスタートの失敗が大きく響いた格好だが、1600mの桜花賞を3番人気で2着したにもかかわらず、2400mのオークスになって7番人気まで評価を落としていたのだから、やはり距離が長過ぎたということなのだろう。

 さらに巻き返しを誓って距離を1800mに短縮した7月のクイーンS(G3)でも、最後の直線で失速して10着と1番人気を裏切る敗戦を喫したウォーターナビレラ。一時の勢いが影を潜めてしまった現在、2000mの秋華賞(G1)へ大きく不安が残る内容と言わざるを得ず、秋はマイル路線を歩む可能性も浮上している。

 無論、競馬に「たられば」は禁句なのだが、もしウォーターナビレラが距離適性を重視して、桜花賞からNHKマイルC(G1)へ進んでいれば、今頃は少し違った未来があったのかもしれない。

武豊「ベタ惚れ」の3歳牝馬に復帰の足音

「将来的にも楽しめる馬です」(武豊公式ホームページより)

 昨秋、武豊騎手には3連勝でファンタジーSを勝ったばかりのウォーターナビレラに勝るとも劣らない期待を抱く牝馬がいた。新馬戦→野路菊S(OP)と連勝したロン(牝3歳、栗東・石橋守厩舎)である。

 昨年8月にデビュー戦を迎えたロンはあっさりと先手を奪うと、そのまま上がり最速の末脚を繰り出して3馬身半差の快勝。5頭立ての少頭数ながら余裕たっぷりのレースぶりには、武豊騎手も「“後ろから5番手”で押し切りました。ここ笑うとこですよ(笑)」と思わずジョークが飛び出すほどの上機嫌だった。

「反応が凄く良いから、少しゴーサインを出しただけでスッと動いてくれた。楽しみな馬です」

 そんなレジェンドの期待に応えるように、ロンは2戦目でさらなる進化を見せた。8頭立ての3番手でピタリと折り合うと、またも上がり3ハロン最速の末脚であっさりと抜け出して、そのまま4馬身差の圧勝劇。最後は流してゴールしたにもかかわらず、レース後にはレコードが記録された。

JRA武豊「ベタ惚れ」の大物3歳牝馬に復帰の足音。かつて「ドウデュース以上」と評された逸材は秋華賞(G1)に間に合うかのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合