NEW

【紫苑S(G3)展望】オークス1番人気サークルオブライフVS 2着馬スタニングローズ! お騒がせの「あの馬」も名誉挽回へ出陣!

【紫苑S(G3)展望】オークス(G1)1番人気サークルオブライフVS 2着スタニングローズ! お騒がせの「あの馬」も名誉挽回へ出陣!の画像1
サークルオブライフ

 10日、中山競馬場では3着馬までに秋華賞(G1)の優先出走権が与えられるトライアルレース、紫苑S(G3)が行われる。今年も桜花賞(G1)、オークス(G1)に出走していた馬が上位人気に推されそうだ。

 主役候補は、新馬戦でイクイノックスに敗れるも、その後に3連勝を飾って2歳女王の座に就いたサークルオブライフ(牝3歳、美浦・国枝栄厩舎)だ。

 3歳を迎え、牝馬クラシック戦線で主役を張るとみられていたが、チューリップ賞(G2)で3着に敗れると、2番人気に支持された桜花賞は外々を回らされての4着と力を発揮できず。続くオークスでは1番人気に支持されたが、スタートで遅れて12着に惨敗した。

 この時、最大の敗因とされたのが、放馬による約15分間の発走遅延である。のちにM.デムーロ騎手は『netkeiba.com』のインタビューコラム『Road to No.1 世界一になる』で、15分ほど待たされたサークルオブライフの状態について次のように答えている。

「落ち着いたと思ったら、今度は焦り出して、筋肉も冷えて。なんかもう輪乗りのあいだにピークを越えてしまったね。ゲートにも長く入っていたからさらにイライラして、やっぱり出遅れてしまった」

 さらに、道中は「ずっとやる気がないまま」、直線でも「ムチを入れても反応がなかった」と、待たされた影響をもろに受けたことを告白。パドックでは「すごくいい」状態だっただけに悔しさ全開のオークスとなったようだ。

 秋は当然、秋華賞が大目標となるが、まずは前哨戦で阪神JF(G1)以来となる勝利の味を思い出せるか。ここを快勝すれば、三冠目も再び主役の1頭として迎えることになるだろう。リベンジに燃えるデムーロ騎手の腕にも期待したい。

 オークスでは人気薄ながら2着に好走したのがスタニングローズ(牝3歳、栗東・高野友和厩舎)である。

 テン乗りで好騎乗を見せたのはD.レーン騎手。レース後、「いいスタートが切れて折り合いも良かった」と振り返ったように、サークルオブライフとは対照的に発走遅延のアクシデントをものともしなかった。

 この春はこぶし賞(1勝クラス)、フラワーC(G3)を連勝。桜花賞を見送り、オークスに的を絞って出走したものの、10番人気という低評価。それでも、好位から直線しぶとく伸びて、スターズオンアースに食らいついた。

 春の充実ぶりが本物なら、ここでもサークルオブライフをあっさり退けて不思議はないだろう。バラ一族悲願のクラシック制覇こそ逃したが、2010年ジャパンC(G1)のローズキングダム以来となるG1制覇へ向け、重要なステップレースとなる。

【紫苑S(G3)展望】オークス1番人気サークルオブライフVS 2着馬スタニングローズ! お騒がせの「あの馬」も名誉挽回へ出陣!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合