NEW

【京成杯AH(G3)展望】惜敗続きのファルコニア、今回も「2~3着付け」でOK?

【この記事のキーワード】, ,

【京成杯AH(G3)展望】惜敗続きのファルコニア、今回も「2~3着付け」でOK?の画像1

 いよいよ秋競馬が開幕。11日、中山競馬場ではサマーマイルシリーズの最終戦、京成杯AH(G3)が行われる。

 このレースを語る上で欠かせないのが、ディープインパクト産駒の活躍だ。初めて産駒が出走した2013年にダノンシャークが2番人気で2着に入ると、翌14年を除いて毎年1頭は必ず馬券に絡んでいる。ただし、産駒の通算成績は「1-7-1-13」で、2着の多さが際立っている。

 今年の出走予定馬の中でディープインパクト産駒は1頭だけ。それが重賞初勝利を目指すファルコニア(牡5歳、栗東・高野友和厩舎)だ。

 ディープ産駒らしい切れ味タイプではなく、長くいい脚を使うジリ脚タイプ。それだけに重賞でも勝ち切れない善戦マンとなっている。

 小倉芝1800mが舞台だった前走・中京記念(G3)も道中は中団に控えたが、勝負所で早めに動いて4角では2番手まで押し上げた。直線で逃げるベレヌスを捕まえにいったが、捕まえきれず。逆に後ろから急襲したカテドラルに差されての3着に敗れた。

 重賞挑戦は過去7度あって、「0-0-4-3」と3着率が異常に高い。当レースでは2着が多いディープインパクト産駒だけに、重賞では初となる連対も狙えるか。いずれにしても馬券の軸には最適な馬だが、今回も2~3着付けが無難かもしれない。

 中京記念でファルコニアの追撃を抑え、ゆうゆうと逃げ切ったのがベレヌス(牡5歳、栗東・杉山晴紀厩舎)だ。

 デビュー当初はダートを使われていたが、3歳春に芝に転向。2000m前後の中距離を主戦場に昨夏の小倉でオープン入りを果たした。その後はマイル路線に舵を切って、リステッド競走で徐々に力をつけてきた。

 1800m戦の前走はいつも通りハナを切ると、前が止まらない馬場も味方につけての逃亡劇。3度目の重賞挑戦で金星を挙げた。

 その前走は55kgを背負った本馬に対し、ファルコニアは56kg。今回は斤量も逆転し、展開的にも前走以上にマークされる厳しい立場となりそう。サマーマイルシリーズ優勝には1着あるのみだが、果たして重賞2連勝を飾ることはできるだろうか。

【京成杯AH(G3)展望】惜敗続きのファルコニア、今回も「2~3着付け」でOK?の画像2
ダーリントンホール

 ダーリントンホール(牡5歳、美浦・木村哲也厩舎)は、3歳時に共同通信杯(G3)を制し、皐月賞(G1)と日本ダービー(G1)にも出走した実力馬だ。

 その後は2度の長期休養を挟んで、マイル路線に専念。今年に入ってからは2、3、3着と安定した成績を残している。

 前走のエプソムC(G3)は初の重馬場で直線の反応は今一つだったが、ジリジリ脚を伸ばして0秒1差の3着に健闘。一息入れて、3か月ぶりの実戦で賞金加算を狙う。

 ここまで紹介した3頭はいずれもコントレイル世代の5歳牡馬。この夏はサリオス、ウインカーネリアン、ヴェルトライゼンデなどが重賞で存在感を示している。クラシックで渡り合ってきたダーリントンホールもその波に乗りたいところだろう。

 鞍上は3度目のコンビを組む横山武史騎手。G1・5勝を含む重賞を9勝した昨年から一転、今年はいまだチューリップ賞(ナミュール)の1勝にとどまっている。秋競馬初戦で好スタートを決めたい。

【京成杯AH(G3)展望】惜敗続きのファルコニア、今回も「2~3着付け」でOK?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合