NEW

小倉に残った「伝説」に立役者・松山弘平の人柄。小倉2歳S(G3)ロンドンプランの“プラン変更”の裏側

【この記事のキーワード】, ,
小倉に残った「伝説」に立役者・松山弘平の人柄。小倉2歳S(G3)ロンドンプランのプラン変更の裏側の画像1
松山弘平騎手 撮影:Ruriko.I

「1番のロンドンプランが大きく出遅れてしまいました」

 レースを観ていた誰もがスタート早々「終わった」と思ったのではないだろうか。もしかしたら、鞍上の松山弘平騎手でさえ敗戦を覚悟したかもしれない。

 毎年、2歳のスピード自慢たちが集う小倉2歳S(G3)は、一瞬の判断の遅れやアクシデントが即致命傷となる芝1200mのレースだ。ましてやロンドンプラン(牡2歳、栗東・宮本博厩舎)は、スタート前に蹄鉄が外れてしまい打ち直すアクシデントがあった馬だ。

「時間が遅れてしまって、他馬にも迷惑をかけてしまいました」と松山騎手が振り返ったように、打ち直しの影響でレースの発走が遅れることとなったが、最も影響があったのは当事者の本馬だろう。

「馬もそこ(蹄鉄の打ち直し)で苦しがるようなところがあって、その分ゲート入りでも苦しがって、(スタートを)出なくなってしまいました」

 鞍上の言葉通り、案の定1頭だけ大きく出遅れてしまったロンドンプラン。絵に描いたような踏んだり蹴ったりであり、仮に言葉をかけるなら「今日は運がなかった。次、頑張ろう」といったところだろうか。

 それくらい、スタートからコンマ数秒後のロンドンプランは絶望的な状況にあった。

 前半600mを通過した際も、最後方でポツンと1頭……集団の最後尾からも4、5馬身は遅れていたロンドンプラン。同じ小倉芝1200mのデビュー戦でも追走に苦労している様子だったが、この日の通過タイムは33.2秒。すでに松山騎手の手が動いていたが、前との差が詰まる気配はほぼなかった。

「すごい末脚を使ってくれて、馬が非常に強かったと思います」

祖父のディープインパクトさえ彷彿とさせるような切れ味

 だが、ここからロンドンプランは、今年で第42回を迎えた小倉2歳Sの歴史に残るようなパフォーマンスを見せる。ようやくエンジンに火が付いたのか3、4コーナーで猛然と追い上げると、集団の最後尾に並びかけて最後の直線へ。

 そこからの末脚は、まさに父グレーターロンドン……いや、祖父のディープインパクトさえ彷彿とさせるような切れ味だった。外からライバルたちを一息に飲み込むと、最後は先に抜け出したバレリーナに3/4馬身差をつけて重賞初制覇。小倉競馬場がえも言われぬどよめきに包まれたことは言うまでもないだろう。

「戦前、宮本調教師が『操縦性の高さを活かせれば』とロンドンプランの器用さに期待を寄せていたのですが、いざ蓋を開けてみれば、ずいぶん大胆で大味なレースになりましたね。まさに“プラン”変更といったところでしょうか(笑)。まさか勝つなんてまったく思っていませんでしたし、正直、笑うしかないくらいの強さでした。

後方からいい脚で追い上げた3着シルフィードレーヴの上がり3ハロンが(メンバー2位の)34.2秒でしたが、ロンドンプランの上がり3ハロンは33.1秒。小倉の1200mでこんな勝ち方、見たことないですよ」(競馬記者)

 ロンドンプランのパフォーマンスに度肝を抜かれたのは記者だけではないようだ。レース後、ネット上の競馬ファンもSNSや掲示板を通じて「やべえ」「あんなの見たことない」「えぐい」などといった声が殺到し、あっという間にトレンド1位に。夏競馬の締めくくりは、まさに衝撃的な結末だった。

 その一方で、もう1人の記者は「鞍上のファインプレーも見逃せない」と話す。

小倉に残った「伝説」に立役者・松山弘平の人柄。小倉2歳S(G3)ロンドンプランの“プラン変更”の裏側のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合