NEW

アニマルかつみの「ぱちパチ偉人伝」第2回 秋山宏一(元・パチスロ必勝ガイド攻略ライター)中編

アニマルかつみの「ぱちパチ偉人伝」第2回 秋山宏一(元・パチスロ必勝ガイド攻略ライター)中編の画像1
秋山宏一(元・パチスロ必勝ガイド攻略ライター)中編

店に入るなり『お前、雑誌に出てるプロだろ』と追い出され…

 パチンコ必勝ガイド編集部のアルバイトを1週間でクビになるも、大先輩である石橋達也氏の推薦もあって、なんとかフリーの攻略ライターとして同誌にたずさわることとなった、若き日の秋山宏一氏

 前回も書いたとおり、当時(1989年末から90年代初頭)のパチンコはデジパチの保留玉連チャン機がブームになっていて、各攻略情報誌はこぞって連チャン発生メカニズムの解明や攻略法の開発にいそしんでいた。

 パチンコ必勝ガイドのデジパチ攻略チームの一員となった秋山氏は、昼間はホールで、そして夜は編集部の攻略ルームで日々、研究に没頭することになるわけだが、そういった裏方的な仕事のかたわら、実戦企画などで徐々に誌面にも顔を出すようになる。

 そうこうしているうちに1990年初頭、裏モノ連チャン機の台頭により高騰の一途にあったパチスロ人気に対応すべく、パチスロ必勝ガイドが刊行。そして秋山氏は、看板実戦企画「13時間デスマッチ」をはじめとする様々な企画に「秋山プロ」として登場。たちまち存在感を高めてゆく。

アニマルかつみの「ぱちパチ偉人伝」第2回 秋山宏一(元・パチスロ必勝ガイド攻略ライター)中編の画像2
創刊当初のパチスロ必勝ガイドでダントツの人気を誇った実戦企画「秋山プロの13時間デスマッチ」。

 自分も含め必勝ガイドを愛読していた者からは、憧れの対象となった秋山氏。が、メーカーやホールの受け止め方は違った。なぜなら、大なり小なり自分たちの利益を害する情報を掲載する攻略メディアは、彼らにとっては敵対的な存在でしかなかったからだ。

 秋山氏は、当時を次のように振り返る。

「読者の方から『いつも読んでます。頑張ってください』と声を掛けられると、悪い気はしなかったんですけどね。正直、ホールとかじゃマイナスのことの方が多かったですね」

 いまでは考えられないことだが、当時の必勝ガイドは、携わっている人間が若くてイケイケだったこともあって、とにかく過激だった。実戦したホールを許可なく実名や写真入りで掲載することなど当たり前。大負けした店を「日本一のボッタクリ店」などとコキおろすことも、よくあった。

アニマルかつみの「ぱちパチ偉人伝」第2回 秋山宏一(元・パチスロ必勝ガイド攻略ライター)中編のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合