NEW

福永祐一を襲う過去「最悪クラス」の異常事態。小倉2歳S(G3)プロトポロスも撃沈

【この記事のキーワード】, ,
福永祐一を襲う過去「最悪クラス」の異常事態。小倉2歳S(G3)プロトポロスも撃沈の画像1
松山弘平騎手 撮影:Ruriko.I

 4日、小倉競馬場で行われた小倉2歳S(G3)は4番人気ロンドンプランが優勝。新馬に続く連勝で、重賞初制覇を決めた。

「すごい末脚を使ってくれて、馬が非常に強かった」

 レース前に蹄鉄が外れ発走を遅らせた挙句、スタートでは大きく出遅れてしまったロンドンプラン。それでも主戦の松山弘平騎手が絶賛した通り、最後方から全馬をごぼう抜きした末脚には目を見張るものがあった。鞍上も「まだまだ良くなっていける馬」と評価しており、今後の可能性は計り知れない。

 その一方、1番人気に支持されたプロトポロス(牡2、栗東・西村真幸厩舎)は惜しくも4着。新馬戦を圧勝したポテンシャルを高く評価されたものの、ファンの期待に応えることは出来なかった。

福永祐一を襲う過去「最悪クラス」の異常事態。小倉2歳S(G3)プロトポロスも撃沈の画像2
福永祐一騎手 撮影:Ruriko.I

 スタートを決めて、道中は先頭集団を前に見ながら4、5番手を追走。主戦の福永祐一騎手は「手応え良く進められましたし、直線も進路は確保できました」と振り返ったものの、最後の直線ではあと一歩及ばず、外から伸びてきた差し馬たちに飲み込まれた。

 レース後には「自信があっただけに申し訳なかった」と謝罪した鞍上だったが、まだプロトポロスはキャリア2戦目の2歳馬。内容的にも大きく評価を下げるまでに至らないだろう。上のクラスで通用する余地は十分ありそうなだけに、引き続き今後の活躍にも期待がかかる。

過去「最悪クラス」の異常事態

 とはいえ、鞍上を務めた福永騎手にとっては「深刻」な事態が続いていると言わざるを得ない。何故なら、今回の小倉2歳Sの敗戦で「重賞18連敗」と不振が続いているからである。

 今年は早々にフェブラリーS(G1)をカフェファラオで勝利すると、皐月賞(G1)でもジオグリフでクラシック制覇を成し遂げた福永騎手。春は共に初騎乗となったパートナーたちと、G1を2勝する最高のスタートダッシュを決めていた。

 ところが、皐月賞以降の重賞で結果が出ていない。

 上述した連敗も然ることながら、重賞の成績だけを振り返っても「2-2-2-28/34」で勝率5.9%、複勝率17.6%となっており、昨年リーディングでともにトップ3に入った川田将雅騎手(勝率14.6%、複勝率53.7%)と比較しても大きく見劣っている。

福永祐一を襲う過去「最悪クラス」の異常事態。小倉2歳S(G3)プロトポロスも撃沈のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合