NEW

武豊、横山和生、戸崎圭太でもダメ……「最後の未勝利」クリアならず、億超えホースの悲しい現実

【この記事のキーワード】, ,

武豊、横山和生、戸崎圭太でもダメ……「最後の未勝利」クリアならず、億超えホースの悲しい現実の画像1

 夏競馬の最終週となった先週は、札幌2歳S(G3)や小倉2歳S(G3)、新潟記念(G3)などの重賞が開催。3場それぞれの競馬場で大きな盛り上がりを見せた。

 重賞も然ることながら、もう一つ大きな注目を集めたのは「3歳未勝利」だろう。何故なら、先週をもって現3歳世代の未勝利戦は終了となったからである。

 別名「最後の未勝利戦」ともよばれ、毎年恒例とはいえその戦いは死闘そのもの。なかには連闘に次ぐ連闘で臨む馬もいたように、目の前の1勝を求めて激しい争いが繰り広げられた。

 敗れた馬には「引退」「地方移籍」「格上挑戦」など厳しい条件が待っている。土日で計17レース行われた「最後の未勝利戦」を勝利した陣営にとっては、その1勝は普段より格別なものであったに違いない。

 しかし、17頭が期限ギリギリで勝ち上がった一方、実に252頭にも及ぶ馬が敗れたのもまた事実。所有するオーナーをはじめ、育て上げた関係者や応援するファンにとっては、悲しい現実だろう。

億超えホースの悲しい現実

 中には、セレクトセールで億超えとなった高額馬も存在した。4日の新潟3Rに出走したキングスウェイ(牡3、美浦・国枝栄厩舎)である。

 同馬は父にキングカメハメハ、母にスピナウェイS(米G1)勝ち馬のソーメニーウェイズを持つ良血。兄のサトノエターナル(取引額1億2420万円)やダノングロワール(取引額2億1600万円)、姉のジェニーアムレット(取引額1億152万円)に続き、2019年のセレクトセールにて1億8360万円という高値で取引された億超え家族の一員だ。

武豊、横山和生、戸崎圭太でもダメ……「最後の未勝利」クリアならず、億超えホースの悲しい現実の画像2
戸崎圭太騎手

 これまで過去4戦して、デビュー戦を含め武豊騎手が3度、横山和生騎手が1度騎乗したものの3着が最高。前走から中2週となった「最後の未勝利戦」の鞍上には、初コンビとなる戸崎圭太騎手が起用された。

 キングスウェイを所有する江馬由将オーナーにとっては、戸崎騎手に懸ける特別な想いがあったかもしれない。というのも、先月21日に同じく億超えホースで未勝利だった所有馬のフォーグッドを、10戦目にして初勝利に導いたのが戸崎騎手だったからだ。

 フォーグッドもまたホープフルS(G2・当時)を勝ったハートレーを兄に持つ良血であり、これまで2着3回、3着3回と惜しい場面が続いていた。そんな自身の高額馬を危機的状況からエスコートした救世主に、もう一度頼りたくなるのも無理はない。

武豊、横山和生、戸崎圭太でもダメ……「最後の未勝利」クリアならず、億超えホースの悲しい現実のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合