NEW

【パチンコ実戦】8時間半のミドルタイプ実戦でまさかの事態!? やめようとしたら思わぬサプライズが…!

【この記事のキーワード】,

【パチンコ実戦】8時間半のミドルタイプ実戦でまさかの事態!? やめようとしたら思わぬサプライズが…!の画像1

 ひろ吉のパチンコ「実戦」紹介。今回は、大人気アニメとのタイアップ機『Pとある魔術の禁書目録』について書いていきたい。

『Pとある魔術の禁書目録』(JFJ)

■大当り確率:1/319.6 → 1/99.9
■ST突入率:100%
■ST回数:154回(うち電サポ150回)
■ST突入率:約79%
■ラウンド・カウント:4 or 10R、10カウント
■賞球:1&2&5&10&15
■大当り出玉:約1,500個(10R) or 約400個(4R)
■游タイム:通常時800回転消化で時短1214回へ突入

〇〇〇
 スペックは継続率約79%のSTタイプ。初当りは100%でST「ヒーローズラッシュ」に突入する。100%突入という安心感に加えて、右打ち中は70%で約1500個獲得できるなど、まとまった出玉感も味わえるスペックだ。

 ロングST+出玉速度は決して早くないが、ST1~30回転は「リミットブレイクチャンス(超高速消化)」となるため、連チャンした時は最高の爽快感を味わうことが可能だ。

 ここまでスペックについて説明してきたので、そろそろ本題の実戦内容を紹介していきたい。

初当りは軽いが全然伸びない…!?

 実戦当日、狙い台は『新世紀エヴァンゲリオン〜未来への咆哮〜』か『Pひぐらしのなく頃に〜蕾〜』に決めていたものの、先客がいたため取れず。そのため、最近なぜか増台された『Pとある魔術の禁書目録(以下、インデックス)』に着席した。

 打ち始める前に「シンプルモード(保留変化で赤保留以上濃厚)」へ切り替え、実戦をスタート。打ち始めてわずか30回転、「ハンバーガー保留(シンプルモードなので信頼度赤保留以上)」出現でいきなり大チャンスが到来する(赤保留の信頼度は約50.6%)。

【パチンコ実戦】8時間半のミドルタイプ実戦でまさかの事態!? やめようとしたら思わぬサプライズが…!の画像2

「キャライルミ予告 赤(信頼度約27.5%)」→「疑似2連」→「科学と魔術が交差するとき、物語は始まる――!!予告(信頼度約64%)」からバトルリーチ「左方のテッラ(信頼度約15%)」に発展。発展先は強くないものの、チャンスアップ次第では十分に期待できる展開だ。

【パチンコ実戦】8時間半のミドルタイプ実戦でまさかの事態!? やめようとしたら思わぬサプライズが…!の画像3

 ここで「メモリーチェンジ予告(保留変化)」が発生して赤保留かと思いきや、まさかの「金保留(信頼度約70.3%)」出現で一気に期待度が上がる。

【パチンコ実戦】8時間半のミドルタイプ実戦でまさかの事態!? やめようとしたら思わぬサプライズが…!の画像4

 さらに、「七天七刀予告 赤(信頼度約40.9%)」出現のダメ押しもあって、あっさり初当りをゲット。幸先の良いスタートを切ることができた。

「まずは万発!」とSTを消化するものの、たいして伸ばすことができず、6連6000発で終了。とはいえ、余裕のプラスなのでヨシとしよう。

【パチンコ実戦】8時間半のミドルタイプ実戦でまさかの事態!? やめようとしたら思わぬサプライズが…!の画像5

 ST終了後140回転、突如「リーチライン予告 金(信頼度約70%)」から「ヨハネのペン予告(信頼度約40.1%)」に発展。「ヨハネのペン予告」では、チャンスアップをストックできるのだが、まさかの「復活」をストックして大当り濃厚となる。

 2度目の初当りを早めにゲットできたものの、このSTでも伸ばすことができず、3連3500発で終了してしまう。

 その後は「440回転(3連)」→「150回転(3連)」→「250回転(2連)」→「80(4連)」と、初当りこそ軽いものの、まとまった連チャンがなかなか来ない…。

 台のコンディションは良かったのでストレスフリーで打てていたが、筆者の体力的にも持ち玉「1500発」を消化したら実戦を終了しようと思っていた矢先、思わぬサプライズが!

【パチンコ実戦】8時間半のミドルタイプ実戦でまさかの事態!? やめようとしたら思わぬサプライズが…!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合