NEW

オープン競走を破竹の8連勝!牡馬を圧倒する黄金世代で覚えておきたい牝馬7選!

【この記事のキーワード】, ,

オープン競走を破竹の8連勝!牡馬を圧倒する黄金世代で覚えておきたい牝馬7選!の画像1

 3日、札幌11Rの札幌2歳S(G3)は1着ドゥーラ、2着ドゥアイズという牝馬のワンツーで幕を閉じた。

 これで現2歳世代のオープン競走は、函館2歳S(G3)のブトンドールから数えて8レース連続で牝馬が勝利を飾った。翌日のすずらん賞で牡馬が勝利してその連勝は止まったものの、今年の2歳牝馬には期待が持てそうだ。

 牝馬に注目したい今年の2~3歳戦線だが、近年3歳春のG1で活躍する馬のデビュー時期が早まっているのはご存じだろうか。特にここ2年はその傾向が顕著だ。3歳春に行われるG1・5レースで3着に入った15頭のうち、ドウデュース世代は13頭が、エフフォーリア世代は12頭が9月1週目の夏競馬開催終了までにデビューしているのだ。

 これは偶然でなく、2018年をもってスーパー未勝利戦※が廃止されたことなどに影響を受けていると思われる。

 実際、ノーザンファーム代表の吉田勝己氏は丸ごとPOG2020-2021のインタビューで
「2歳戦が早くなった番組に合わせてデビューし、勝っていくことがクラシックにつながります。間隔をあけながら成長を促すことができますから」と述べている。
※スーパー未勝利戦:9月に施行されていた、優先出走権を持つ馬のみが出走できた未勝利戦の通称。これが廃止され、3歳未勝利戦の終了時期が早まった。

黄金世代で覚えておきたい牝馬7選!

 こうした傾向を考えると、来春を沸かせる馬の多くは既にデビューしていそうだ。
そこで本稿では、黄金世代の予感漂う2歳牝馬から特に期待の大きい既走馬を7頭ご紹介する。

ドゥーラ(栗東・高橋康之厩舎)&モリアーナ(美浦・武藤善則厩舎)
まずは、北海道で牡馬相手にオープン競走を勝利した2頭を取り上げる。
ドゥーラは前述の通り、札幌2歳Sの覇者だ。ドゥラメンテ産駒の同馬はレースセンスが高く、マイルから2400mまで対応し堅実な走りを見せてくれそうなイメージだ。

 札幌2歳Sで3着以内に入った牝馬は過去10年で8頭いるが、その内ソダシ(牝4歳、栗東・須貝尚介厩舎)、ユーバーレーベン(牝4歳、美浦・手塚貴久厩舎)、レッツゴードンキ、レッドリヴェールの4頭が3歳春までにG1勝利を挙げている。ドゥーラも偉大な先輩たちに続けるか注目だ。(→3歳春「まで」ならレッツゴードンキとユーバーレーベンは該当しないです。3歳クラシックを指すならレッドリヴェールは該当しないです)

 モリアーナは、2年前にサトノレイナスが勝利した6月東京芝マイルの牝馬限定新馬戦で勝ち名乗りをあげると、続くコスモス賞でも2着に2馬身差と快勝した。負かしたドゥアイズはその後、札幌2歳Sでドゥーラの1馬身差で2着に入っており、ドゥアイズとの着差ではモリアーナがドゥーラを上回った。

 この2頭はともに若手騎手が主戦を務めており、相手が強くなる秋以降にどれだけ通用するかが鍵となるだろう。
(ドゥーラ:4年目斉藤新騎手、モリアーナ:6年目武藤雅騎手)

オープン競走を破竹の8連勝!牡馬を圧倒する黄金世代で覚えておきたい牝馬7選!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合