NEW

一悶着あった藤沢和雄師と横山典弘のゼンノロブロイ巡る不思議な因縁

【この記事のキーワード】, ,
一悶着あった藤沢和雄師と横山典弘のゼンノロブロイ巡る不思議な因縁の画像1
横山典弘騎手

 平成を彩った名馬の1頭、ゼンノロブロイの訃報が届いたのは先週のことだった。

 ゼンノロブロイといえば、2004年秋の古馬中長距離G1を3連勝したことで知られる。その3戦すべてで鞍上を務めたのはO.ペリエ騎手だった。他にもK.デザーモ騎手とのコンビで3歳秋の神戸新聞杯(G2)を制するなど、ゼンノロブロイは外国人ジョッキーとコンビを組んでいた印象が強い。

 しかし、デビューから日本ダービー(G1)までの5戦を含め、最も多くの騎乗機会があったのは、他でもない横山典弘騎手だった。

 ゼンノロブロイを管理していたのは今年2月末に引退した藤沢和雄元調教師。当時すでに大ベテランの域に達していた岡部幸雄元騎手を主戦に据えつつも、若手の北村宏司騎手を育成していた時期だった。ペリエ騎手を筆頭に外国人騎手を重用しながらも、横山典騎手とも蜜月と呼ばれる関係を築いていた。

「藤沢和雄×横山典弘」コンビの最高傑作となるはずだったゼンノロブロイ。日本ダービー前哨戦の青葉賞(G2)で重賞初制覇を飾ると、ネオユニヴァースが二冠を達成した日本ダービーでは3番人気で2着と、人気を上回る着順に好走した。

藤沢師が横山典騎手の騎乗に不満を抱いたとも…

 ただ、陣営も納得の騎乗だったかというと、そうではなかったようだ。

「実は藤沢師はこの時(ダービー)の横山典騎手の騎乗に不満を抱いたとも言われています。実際、ダービーを最後に2人は疎遠となり、2年以上にわたって横山典騎手には騎乗依頼がありませんでした。

2人が復縁したのはダービーから2年1か月後。05年夏の北海道シリーズで再びタッグを結成すると、天皇賞・秋(G1)で2年5か月ぶりにゼンノロブロイに横山典騎手が騎乗しました。しかし1番人気に推されたものの、伏兵ヘヴンリーロマンスに足をすくわれる形で2着に敗れると、その後のジャパンC(G1)と有馬記念(G1)はデザーモ騎手に乗り替わりました。

2年1か月の空白期間を経て復縁した2人ですが、2度目の疎遠もありました。2013年のダービーでそれまで横山典騎手がコンビを組んでいた藤沢師管理のコディーノがC.ウィリアムズ騎手に乗り替わり。これを機に2人は再び距離を置いたといわれています。結局その後は師の引退までほぼこのコンビを見ることはありませんでした」(競馬誌ライター)

 関東の名伯楽と2度の疎遠を経験した横山典騎手だが、1度目の原因となったゼンノロブロイとのコンビ解散後は何度となくライバルとして同馬の前に立ちはだかった。

一悶着あった藤沢和雄師と横山典弘のゼンノロブロイ巡る不思議な因縁のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合