NEW

重賞「39連敗」の不振続き、伏兵が立て続けの激走も…勝利に届かない「常連軍団」の苦悩

重賞「39連敗」の不振続き、伏兵が立て続けの激走も…勝利に届かない「常連軍団」の苦悩の画像1

 20年以上の歴史を誇り、競馬ファンにとって今やおなじみの存在となった「タイセイ」軍団。この冠名は田中成奉オーナーが使用しているもので、これまでも数多くの馬を重賞戦線へと送り込んできた。

 2001年から馬主として活動を始めた田中オーナーであったが、2008年にガーネットS(G3)でタイセイアトムが勝利し重賞初制覇を達成。その後も度々重賞馬を輩出し、2012年にはタイセイレジェンドがJBCスプリント(G1)で悲願のG1タイトルを獲得した。

 その後も「タイセイ」軍団は着々と勢力を拡大していき、今となっては重賞戦線でも常連と呼べる存在だ。現役馬にも重賞2勝を挙げているタイセイビジョンを筆頭に、多くのOP馬や期待の若駒が存在する。

 このように順調に戦果を積み重ねてきた「タイセイ」軍団だが、最近は重賞で勝利を挙げることができていない。最後の重賞制覇は20年3月に先述のタイセイビジョンが制したアーリントンC(G3)まで遡ることとなり、以来重賞では39連敗を喫してしまっている。

勝利に届かない「常連軍団」の苦悩

 勝利からは遠ざかっている「タイセイ」軍団だが、決して所有馬が不振に陥っているわけでは無い。むしろ今年の重賞戦線ではインパクト十分の結果を残している。

 ファルコンS(G3)ではタイセイディバインが13番人気ながら2着となり、同馬はその後のアーリントンCでも7番人気で2着と立て続けに激走した。また函館スプリントS(G3)ではタイセイアベニールが13番人気から3着に好走しており、「タイセイ」軍団の伏兵たちは次々と下馬評を覆す活躍を見せている。

 その一方で人気の中心となる有力馬も多数送り込んではいるが、CBC賞(G3)、北九州記念(G3)ではタイセイビジョンがそれぞれ3番人気に支持されながらも2着に惜敗。レパードS(G3)ではタイセイドレフォンが大本命の1番人気の評価を受けたが、こちらも2着と悔しい結果に終わってしまった。

 今年の重賞レースにはこれまでのべ12頭を送り込んでいる「タイセイ」軍団だが、その成績は(0-5-1-6)と善戦止まり。人気馬・伏兵を問わず5度もの2着という良績を残しながらも、あと一歩のところで勝利を掴めていない状況だ。

 歯がゆい夏を過ごすうちに季節は秋へと移り、心機一転して久しぶりの重賞制覇を狙っているはずだ。その先駆けとして今週末に行われるセントウルS(G2)にはタイセイアベニールが出走する。

 タイセイアベニールは今年の函館スプリントSで3着、2年前のセントウルSでも4着に好走した実績があるが、近2走の戦績が振るわないこともあって、戦前の評価は伏兵の1角に留まっている。

 しかし今回のレースでは“3強”の1頭ジャングロが急遽回避することとなり、残る2頭の有力牝馬も距離適性や気性面に不安を抱えているだけに、タイセイアベニールも一発のチャンスがあるかもしれない。

 重賞戦線でシルバーコレクターの状態が続いている「タイセイ」軍団。勝ち切れない現状を打ち破り、今秋こそ久しぶりの重賞制覇を成し遂げることはできるだろうか。セントウルSのタイセイアベニールはもちろん、今後も続々と重賞戦線へと挑むであろう「タイセイ」軍団の活躍に注目していきたい。

エビせんべい佐藤

〈著者プロフィール〉

98年生まれの現役大学院生。競馬好きの父の影響を受け、幼いころから某有名血統予想家の本を読んで育った。幸か不幸か、進学先の近くに競馬場があり、勉強そっちのけで競馬に没頭。当然のごとく留年した。現在は心を入れ替え、勉強も競馬も全力投球。いつの日か馬を買うのが夢。

重賞「39連敗」の不振続き、伏兵が立て続けの激走も…勝利に届かない「常連軍団」の苦悩のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合