NEW

【パチスロ実戦】新台6.5号機「リオタイム」に中毒性アリ!?

【この記事のキーワード】, , ,

【パチスロ実戦】新台6.5号機「リオタイム」に中毒性アリ!?の画像1

パチスロ新台6.5号機『リオエース』実戦レポート!!

 4号機からのパチスロマニアとしてRioシリーズは外せない。同シリーズ5号機では特別好きなマシンも存在したが、6.5号機ではどうだろうか。

 9月5日、今回は山佐ネクストから同シリーズが登場。この『スーパーリオエース』には注目が集まっているようだ。

 導入当日は朝から挑戦する予定であったが、確保ができず空き台が出るまで待機することに。結局、本機に着席できたのは夕方18時過ぎになってしまった。

 ふと履歴を確認したが、贔屓目に見ても高設定の雰囲気はない。事前情報では天井が約600Gとのことであったが、前任者は複数回の天井を経験している様子。不安を抱えながらの実戦となったが…。

 実戦の様子をご紹介する前に、本機のスペックを簡単におさらいしておこう。

『スーパーリオエース』

【パチスロ実戦】新台6.5号機「リオタイム」に中毒性アリ!?の画像2
公式HPより

 本機は純粋なAT機で疑似ボーナスからATを目指すタイプ。液晶下のコインが10個貯まれば必ずCZを獲得できる。

 CZは3種類。押し順ベルの1stナビで種類を決定し、左・中・右の順で期待度が上昇するが、期待度が低いほど疑似ボーナスの枚数が多く、期待度が高いほど疑似ボーナスの枚数が少ないというバランスだ。

 実戦上、コインの貯まる速度には傾向が見られた。10個蓄積までを「1周期」と表現するが、1周期までは非常に早い。大半は100G以内にCZにありつけるだろう。

 コイン高確率の「リラックスモード」は2〜3周期までは突入しやすいが、それ以降はあまり突入が見られない印象。早い周期でボーナスを仕留めたい。

 実戦ではボーナス中に強レア役を引けば大半でATに繋がった。弱レア役での当選は見られなかったが、周りでは確認できたため期待できないことはないという印象だ。

【パチスロ実戦】新台6.5号機「リオタイム」に中毒性アリ!?の画像3

 ATは純増約2.3枚。流れとしては「リオタイム」でゲーム数上乗せゾーン「リオチャンス」をストックし、獲得したゲーム数の「リオラッシュ」に突入するという、やや複雑なフローとなっている。

 AT「リオラッシュ」ではバトルから報酬で「リオタイム」やゲーム数上乗せを狙う。要はどれだけ「リオタイム」をやれるかがロングATのカギなのだ。

【パチスロ実戦】新台6.5号機「リオタイム」に中毒性アリ!?の画像4【パチスロ実戦】新台6.5号機「リオタイム」に中毒性アリ!?の画像5 この「リオタイム」だが、消化中は素直に楽しい。ベルやレア役で「リオチャンス」抽選なのだが、演出が多彩。「ニューパルサーシリーズ」や「プラネットシリーズ」のノウハウから生まれたであろう違和感演出が豊富で、正に山佐らしい告知が楽しめる。

 他機種と比較するのは失礼かもしれないが、出玉モデルとしては『押忍!番長ZERO』に似たものを感じた。もちろん6.5号機なので差枚数方式で2400枚オーバーも狙える点は留意したい。

 演出に関しては他シリーズのパロディなどもあり秀逸、フローとしても常にチャンス要素があるので「楽しめるマシン」という印象だ。

大松

〈著者プロフィール〉

4号機『大花火』でホールデビューし、『パチスロ北斗の拳』でドハマリ。6号機は『パチスロ モンスターハンター:ワールド™』がお気に入り。G&Eビジネススクール卒業後、プログラマーや事務職を経験。現在はライティング業務に従事する傍ら「パチスロガチ勢」として活動中。パチMAXでは主にハイエナ実戦記事や動画レビュー記事を担当。常に攻略情報に注目しており、「6号機でも勝てる」を心情に有益な情報を紹介中。

【パチスロ実戦】新台6.5号機「リオタイム」に中毒性アリ!?のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合