NEW

【セントウルS(G2)予想】G1馬ソングラインは余裕の切り!メイケイエールは仕方なしも特大穴馬と絡めて好配当を狙う

【セントウルS(G2)予想】G1馬ソングラインは余裕の切り!メイケイエールは仕方なしも特大穴馬と絡めて好配当を狙うの画像1

 今回は秋のスプリント戦線で重要な一戦セントウルS(G2)を予想していく。

 まずは過去10年、馬券に絡んだ30頭の前走データを見ていくことにしよう。
北九州記念 9頭
安田記念、アイビスSD 各3頭
高松宮記念、函館SS、CBC賞 各2頭
NHKマイルC、ヴィクトリアマイル、ニュージーランドT、関屋記念、キーンランドC、シルクロードS、海外遠征 各1頭
リステッド 1頭
オープン特別 1頭
となっている。G2格付けだけあって、前走条件戦は1頭もいない。こちらもサマースプリントシリーズの絡みなのか、中2週と間隔が厳しそうな北九州記念(G3)からの転戦馬が最多。ただ、近5年で言えばサマーシリーズよりも秋の大目標となろう、スプリンターズS(G1)へのステップとして順当に使う馬が増えているように見える。

 続いて人気順の成績を見てみよう。
1番人気 6-4-0-0
2番人気 1-3-2-4
3番人気 0-0-2-8
4~6番人気 2-1-3-24
7~9番人気 0-1-2-27
10番人気以下 1-1-1-56
となっている。こういうデータだからこそアテにしてはいけないのだろうが、1番人気が過去10年でパーフェクト連対。2番人気も勝ち星こそ1つだけだが、6頭が馬券に絡むなど全体的に堅い決着になりがち。近5年で見ても1番人気と2番人気が両方来た年が3回と、データ的には人気馬に逆らわない方が無難に映る。一方で、人気薄が人気馬の間隙を突いて突っ込んでくる傾向があり、人気がない馬のチェックも必要ではある。

【セントウルS(G2)予想】G1馬ソングラインは余裕の切り!メイケイエールは仕方なしも特大穴馬と絡めて好配当を狙うの画像2
メイケイエール 撮影:Ruriko.I

 コレを踏まえて「◎」は何のひねりもなくて申し訳ないが5番メイケイエールとする。

 前走は京王杯SC(G2)。平均ペースで流れたレースを中団待機で進め、直線で前が開いたところを抜け出し、後続をシャットアウトして勝利した。

 3歳春シーズンは「じゃじゃ馬、お転婆」で手の付けられない1頭だったが、現在の主戦である池添謙一騎手に乗り替わって一変。G1タイトルには手が届かないものの、掲示板に載る好走を見せ、重賞タイトルも2つ上乗せしている。重賞5勝はメンバー中でもトップだ。

 持ち時計を見る限り、マイルでもスプリントでもなく1400mが適距離のようで、1400m戦では出色のタイムを持っている。直近ではシルクロードS(G3)で勝利しており、このときのタイムが1分8秒1と相応の時計は出ているが、このレースはこれよりさらにコンマ3秒からコンマ8秒くらい速い時計で決着する。ここが唯一の不安点と言えば不安点。

 陣営からは仕上がり絶好、スプリント戦なら折り合いも気にしなくていいと強気一辺倒なコメントが出ている。圧倒的人気さえ予想されるが、このレースは過去10年1番人気が連を外していないという奇跡のような堅いレース。ここは逆らわず乗っておきたい。


「○」は7番サンライズオネストを挙げる。

 前走は鞍馬S(OP)。出遅れて後方待機策となる競馬。前残り傾向のコースコンディションで、直線に入って前に残っている馬を捕まえに行くも位置が後ろ過ぎたか届かず4着に終わった。

 戦績を見るとムラがあり、好走時期と走らない時期がくっきり分かれている。近5走を見るとオープンでの勝ち星と阪急杯(G3)3着があるので、悪い時期ではないのだろう。2走前の高松宮記念(G1)は9着と着順では大敗だが、着差はわずか0.3秒。まともに走れば重賞級の実力がある。また、前走も4着ながら着差0.3秒に加えて、上がり2位ながら32.9秒の鬼脚を披露。1分7秒4の走破タイムは、このレースで勝ち負けできる時計だ。

 陣営も好調であることを伝えており、展開に注文は付くが色気のあるコメントを出している。東京スポーツの報じるところによれば、今回乗り替わる横山典弘騎手は河内洋調教師にこの馬に騎乗させて欲しいと直訴したとのこと。名手がそれほどに入れ込むには、勝算も含め思うところがあるのだろう。このトピックに一口乗ってみたい。

【セントウルS(G2)予想】G1馬ソングラインは余裕の切り!メイケイエールは仕方なしも特大穴馬と絡めて好配当を狙うのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合