NEW

【京成杯AH(G3)予想】ダーリントンホールは迷わず切り!? サマーマイル最後の一戦で好配当狙い!

【京成杯AH(G3)予想】ダーリントンホールは迷わず切り!? サマーマイル最後の一戦で好配当狙い!の画像1

 今回は秋の中山開幕週の名物レース、京成杯オータムH(G3)を予想していく。

 まずは過去10年、馬券に絡んだ30頭の前走データを見ていこう。
関屋記念 11頭
中京記念 4頭
NHKマイルC 2頭
日本ダービー、安田記念、ヴィクトリアマイル、東京新聞杯、七夕賞、ダービー卿CT、函館SS、米子S(L) 各1頭
リステッド 1頭
オープン特別 1頭
条件特別(3勝クラス) 3頭
となっている。レース間隔がそれほど空いているわけではないが、関屋記念組が断然の多さ。次いで中京記念組が多いのはサマーマイルシリーズの絡みだ。本番となるであろう、マイルCS(G1)はまだ先なので、夏からの流れで参戦する馬と夏を全休してまず一叩きという馬に大別できるかもしれない。

 続いて人気順の成績を見てみる。
1番人気 3-0-1-6
2番人気 2-1-2-5
3番人気 1-2-0-7
4~6番人気 2-3-2-23
7~9番人気 1-1-3-25
10番人気以下 1-3-2-58
となっている。1番人気がいまひとつ信用できない。数字の上では2番人気が五分な感じではあるが、近5年では3着が1回あるだけ。その点1番人気は2勝しているので、いくらかこちらの方が信用できそうだ。18年に上位人気だけで決着しているが、その後は二ケタ人気馬が馬券に絡む波乱が起きている。基本的には中穴以下の馬から考えるのが的中への近道になりそうな印象だ。


 これを踏まえて「◎」は9番シュリとする。

 前走は関屋記念(G3)。逃げてスローペースを作り出し、直線に入っても粘ったが後ろの馬に交わされて差し返せず2着となった。

 昨年の谷川岳S(L)までは勝ち星を量産し、新馬戦からの10戦で6勝2着1回、残りの3戦も掲示板確保と好成績を挙げていた。だが、昨年のエプソムC(G3)で大敗するとそのままズルズルと今年の春まで大敗続き。前走は人気のないところで逃げを打った結果、やっと光明が見えてきたという感じだろう。

 中山が今回初挑戦となるところに不安はあるが、戦績を見る限りでは左回りより右回りの方が良さそうに見えるので、初コースでも乗り越えられるのではないか。今回はベレヌスがハナを主張する可能性が高いが、逃げなくても前にいれば結果を残せる馬。陣営からも好調さに加えてマイペースで運べれば、と期待するコメントが出ている。ここは上手く立ち回って前で残れるのではないかと見て◎とした。


「○」は人気しそうだが6番ミスニューヨークを挙げる。

 前走は中京記念(G3)。緩いペースの中、中団に控える競馬で内から直線で上がっていったものの、不利を受ける場面がありそれも響いて4着に終わっている。

 条件戦やオープン特別では強さを発揮しているが、重賞では今ひとつ安定せずムラのある成績が残っている。とは言え、20年の紫苑S(G3)と秋華賞(G1)で5着があるなど、実力自体は水準以上にあると思われる。

 この馬を推せるのは中山巧者であること。中山では5戦して3勝3着1回。残る1戦は紫苑Sの5着であり、3勝の中にはターコイズS(G3)勝ち、3着1回は中山牝馬S(G3)なので他場に比べると顕著に好走している。ハンデも据え置きで、差し脚質なのもこのレース向き。陣営からは展開ひとつと言いつつ、4走前のターコイズSのように終いにかけるとのコメント。そういう展開になりやすいだけに、ここは積極的に押さえたい。

【京成杯AH(G3)予想】ダーリントンホールは迷わず切り!? サマーマイル最後の一戦で好配当狙い!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合