NEW

JRA 2歳女王サークルオブライフ「調整ミス」完敗で秋全休も!?「上がってきた感じない」調教師が酷評……牧場からは謝罪コメントも

【この記事のキーワード】, ,
JRA 2歳女王サークルオブライフ「調整ミス」完敗で秋全休も!?「上がってきた感じない」調教師が酷評……牧場からは謝罪コメントもの画像1
サークルオブライフ

 10日、中山競馬場で行われた秋華賞トライアル紫苑S(G3)は、1番人気のスタニングローズが勝利。逆転のラスト一冠へ、オークス(G1)2着馬が単勝1.8倍に応える好発進を決めた。

 2着には春のチューリップ賞(G2)で4着だったサウンドビバーチェ、3着にはフェアリーS(G3)の勝ち馬ライラックと実績組が上位を独占。3着までに秋華賞(G1)の優先出走権が与えられる紫苑Sだったが、上がり馬の台頭を許さなかった。

 その一方で実績組が強さを示す中、G1馬として不甲斐ない結果に終わってしまったのが2歳女王のサークルオブライフ(牝3歳、美浦・国枝栄厩舎)だ。

 昨秋、3連勝で阪神ジュベナイルF(G1)を制し、世代の頂点に立ったサークルオブライフ。2歳女王を手掛けるのはアパパネ、アーモンドアイという2頭の三冠牝馬を世に放った国枝厩舎ということもあって、まさに将来を嘱望された存在だった。

 しかし、春のクラシックへ始動戦となったチューリップ賞(G2)で3着に敗れると、続く桜花賞(G1)でも4着。オークス(G1)に至っては、スタートを待たされるアクシデントもあって12着と、女王はかつての輝きを失いつつあった。

 そして迎えた今秋、復権を懸けたラスト一冠だからこそ、デビュー戦から本馬と歩んできたM.デムーロ騎手は前哨戦から勝ちに行った。

 この日、課題のスタートで出遅れたサークルオブライフだったが、向正面から猛然と進出を開始。一気にポジションを上げて、先頭集団を射程圏に入れた。しかし、勝負どころの3、4コーナーを迎えてペースが上がると、進出がピタリと止まってしまう。デムーロ騎手の手綱が激しく動くも、馬なりで最後の直線を迎えた1、2着馬の直後につけるのがやっとだった。

 結果的には4着とまずまずだったが、接戦を演じた上位3頭には3/4馬身差をつけられる完敗。アタマ差の5着だったカヨウネンカは、前走でやっと未勝利を勝ち上がったばかりの馬だ。復権の道に、大きな暗雲が立ち込めたと言わざるを得ない。

「上がってきた感じない」調教師が酷評…

「賞金的に目標はまだ先という立場のサークルオブライフですが、デムーロ騎手が積極的に勝ちに行っただけに、馬券圏内に来ることもできなかったのは正直ショックですね。

ただ、今回は-22kgという馬体重が示す通り、現状を踏まえるとよく走ったという見方もできます。一叩きして馬も変わってくるでしょうし、次走の上積みに期待したいところです」(競馬記者)

 ただ、そう話した記者の表情は曇りがちだ。何故なら、サークルオブライフの中間の内容が決して良いとは言えないものだったからだ。

「(春のオークス)当時に比べると迫力がね……。先週から上がってきた感じもしない」

 紫苑Sに向けた最終追い切りを見守って、そう酷評したのは国枝調教師だ。期待の裏返しのようにも受け取れるが「動きそのものは悪くない。けど、全体の雰囲気というか、体も思っているほど余裕がない」とバッサリ……。

 そして迎えた週末が過去最低の-22kgで出走という状況だった。別の記者は「見た目以上に深刻かも」と言う。

JRA 2歳女王サークルオブライフ「調整ミス」完敗で秋全休も!?「上がってきた感じない」調教師が酷評……牧場からは謝罪コメントものページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合