NEW

C.ルメール×大本命が霞むM.デムーロ×紅一点の豪脚! その末脚はまさに「母譲り」次戦は「確勝級」の声!?

【この記事のキーワード】, ,
C.ルメール×大本命が霞むM.デムーロ×紅一点の豪脚! その末脚はまさに「母譲り」次戦は「確勝級」の声!?の画像1
C.ルメール騎手

 10日、中山競馬場で行われた5Rの2歳新馬は1番人気ロッククリークが優勝。単勝1.8倍の断然人気に応え、嬉しいデビュー勝ちを決めた。

「まじめに走ってくれた。距離も良かったし、いい脚を長く使ってくれた」

 道中は内の3、4番手でじっくりと脚を溜め、最後の直線では逃げ馬をきっちり交わして勝利。手綱を取ったC.ルメール騎手が高評価した通り、優等生ぶりの目立つ好内容だった。

C.ルメール×大本命が霞むM.デムーロ×紅一点の豪脚! その末脚はまさに「母譲り」次戦は「確勝級」の声!?の画像2
M.デムーロ騎手

 そんな勝ち馬とは対照的に、やや粗削りな競馬を見せながらもファンの度肝を抜く追い込みで2着に入ったのが、M.デムーロ騎手のヴァイルマティ(牝2、美浦・鹿戸雄一厩舎)だ。

M.デムーロ×紅一点の豪脚!

 惜しくも敗れたとはいえ、その内容は非常にインパクトあるものだった。

 8頭立て芝2000mのレース。スタートを無難にこなすも行き脚がつかず、道中は最後方からの競馬となってしまう。2番人気を背負っていたが、この時点で多くのファンの間には早くも「諦めムード」が漂っていたかもしれない。

 しかし、そこからの追い上げは驚異的だった。

 3コーナーから4コーナーにかけて鞍上が促し始めると、とんでもない勢いで最後方から大捲りを開始。直線手前で一気に先頭集団へ取りつくと、メンバー中上がり最速の脚で勝ち馬に半馬身差まで迫ったのだ。

「勝ったロッククリークが終始内の好位から競馬を進めたのに対し、2着のヴァイルマティは大捲りした影響で4コーナーではかなり外に膨れた挙句、直線では前を走っていたロッククリークが何度か外へふらついた為、ポジションを立て直す場面もありました。

それでも最後は勝ち馬に半馬身差まで迫ったのですから、高いポテンシャルを感じさせます。実際、ネットの掲示板やSNS等でも『荒っぽいけど強い』『これは化け物』『次戦は確勝級』など、ファンからは賞賛の声が相次いでいました。負けて強しの内容でしたし、次もどういった競馬をみせてくれるのか非常に楽しみです」(競馬誌ライター)

 思い返せば、ヴァイルマティの母マイネヌーヴェルも現役時代は強烈な末脚の持ち主だった。

 重賞初挑戦となった3歳時のフラワーC(G3)では、道中で14番手を追走していたものの、最後の直線だけで前の13頭をごぼう抜き。圧巻の内容で重賞初制覇を飾っている。

 また、その後は同じように福島牝馬S(G3)や中山金杯(G3)でも猛烈な追い上げで2着に入るなど、その驚異的な末脚で度々ファンを驚かせた。そういった背景からも、ヴァイルマティが披露した末脚はまさに「母譲り」だったのかもしれない。

 デビュー戦は2着に敗れたとはいえ、ファンに強烈なインパクトを残したヴァイルマティ。JRAでデビューしている9頭の兄姉の内8頭が勝ち上がっている優秀な一家であり、叔父には皐月賞(G1)3着で重賞2勝を挙げたマイネルチャールズがいる良血だ。

 次戦はきっちり決めてくれるだろう。

ハイキック熊田

〈著者プロフィール〉

ウオッカ全盛期に競馬と出会い、そこからドハマり。10年かけて休日を利用して中央競馬の全ての競馬場を旅打ち達成。馬券は穴馬からの単勝・馬連で勝負。日々データ分析や情報収集を行う「馬券研究」三昧。女性扱いはからっきし下手だが、牝馬限定戦は得意?

C.ルメール×大本命が霞むM.デムーロ×紅一点の豪脚! その末脚はまさに「母譲り」次戦は「確勝級」の声!?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合