NEW

【セントライト記念(G2)展望】日本ダービー3着アスクビクターモアVS遅れてきた大物ガイアフォース! エアグルーヴ一族の上がり馬にも注目

【セントライト記念(G2)展望】日本ダービー3着アスクビクターモアVS遅れてきた大物ガイアフォース! エアグルーヴ一族の上がり馬にも注目の画像1
アスクビクターモア

 19日、中山競馬場では菊花賞トライアルのセントライト記念(G2)が行われる。今年は春の牡馬クラシック上位組が次々と菊花賞(G1)を回避。3冠目は混戦模様を呈している。セントライト記念を制した馬が、本番で1番人気に推される可能性もありそうだが……。早速展望していこう。

 出走予定馬で最も菊花賞に近いのはアスクビクターモア(牡3歳、美浦・田村康仁厩舎)だろう。

 その素質をうかがわせたのは3月の弥生賞(G2)だった。この時が重賞初出走ということもあって、3番人気に甘んじたが、2番手追走からドウデュースの末脚を封じ込めて見事に優勝を飾った。

 続く皐月賞(G1)も6番人気と評価は上がらなかったが、逃げて5着に粘り込んだアスクビクターモア。日本ダービー(G1)では7番人気とさらに人気を下げたが、ここでもファンの低評価を覆し、2番手から直線早め先頭に立つ積極的な競馬で大健闘の3着に入った。

 中山は4戦3勝と得意にしているだけに、たとえ前哨戦でも負けるわけにはいかない。今回はさすがに1番人気が濃厚だが、いつも通りの先行策で後続の末脚を封じこむことはできるか。ここで結果を残して、菊花賞にリーチをかけたい。

 ダービー3着馬には実績面で劣るが、素質では決して負けていないのが対抗格と目されるローシャムパーク(牡3歳、美浦・田中博康厩舎)である。

 3代母が女傑エアグルーヴという良血馬ながら、2歳時は2戦して連続2着と勝ち上がれず。今年2月の3戦目でようやく初勝利を挙げた。

 4戦目は自己条件の山藤賞(3歳1勝クラス)に出走。向正面でハナを奪う積極策を見せると、直線で後続との差をさらに広げ、最後は2着に7馬身差をつける圧勝だった。

 その後は無理をせず休養に入っていたローシャムパーク。満を持して5か月ぶりに迎える実戦でついに重賞初挑戦を果たす。連勝中の過去2戦と同様、早め先頭から押し切る競馬を見せるのか。C.ルメール騎手の手綱さばきにも注目だ。

【セントライト記念(G2)展望】日本ダービー3着アスクビクターモアVS遅れてきた大物ガイアフォース! エアグルーヴ一族の上がり馬にも注目の画像2
オニャンコポン

 1月の京成杯(G3)を勝利するなど、中山では4戦2勝のオニャンコポン(牡3歳、美浦・小島茂之厩舎)も虎視眈々と主役の座を狙っている。

 春はアスクビクターモアとともにクラシック2冠レースに出走。8番人気で迎えた皐月賞ではジオグリフと0秒4差の6着に好走し、ダービーでも8着とまずまずの成績を残した。得意とする中山なら大いにチャンスはありそう。

 ただし、鞍上の菅原明良騎手は、トリッキーな中山芝2200mのコースに課題がある。中山芝2000mは通算「8-8-6-49」という好成績だが、外回りの芝2200mは「1-0-1‐17」とイマイチ。上位人気馬の騎乗が少なく、2000mに比べるとレース数も少ないだけに“コース経験”不足が露呈する可能性もある。

【セントライト記念(G2)展望】日本ダービー3着アスクビクターモアVS遅れてきた大物ガイアフォース! エアグルーヴ一族の上がり馬にも注目のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合