NEW

岩田康誠の好騎乗に潰された5年目23歳「期限なし」武者修行へ。活かせなかった「3つの幸運」人馬のサマー王者が霧散

岩田康誠に潰された5年目23歳「傷心」武者修行へ。活かせなかった「3つの幸運」人馬のサマー王者が霧散の画像1
西村淳也騎手

 11日、中山競馬場で行われた京成杯オータムH(G3)は、1番人気のファルコニア(牡5歳、栗東・高野友和厩舎)が勝利。これまで重賞で4度の3着がある素質馬が、待望の重賞初制覇を飾った。

「昨日から前、内を通った馬が好走しているので『スタートだけきれいに出そう』と思っていました」

 あと一歩勝ち切れない“善戦マン”に最後の一押しを与えたのが、吉田隼人騎手の好判断だ。舞台となった開幕週の中山は、例年通り前残りが多発。この2日間の傾向を見逃さずに活かしきった、鞍上のファインプレーだった。

 そんな中、ほろ苦い結果に終わったのが、4番人気のベレヌス(牡5歳、栗東・杉山晴紀厩舎)に騎乗した西村淳也騎手だ。

 吉田隼騎手が「内有利」を語る中、1枠1番という絶好枠を引いたベレヌス。勝てば逆転でサマーマイルシリーズ優勝という立場だけに「狙って、ここを目標に調整してきた」と語る杉山晴調教師ら陣営にとっても気合の入る一戦だった。

 スタート直前に異常が判明したシュリが馬体検査を行った結果、故障と判断されて除外に。前走の関屋記念(G3)を逃げて2着に粘ったライバルが消えたことで、前走の中京記念(G3)を逃げ切ったベレヌスに大きく“風”が吹いた。

 そんな追い風に乗るように好スタートを決めた西村淳騎手は迷わずハナへ。すんなり先頭に立って1コーナーに飛び込んだ際は、サマーマイルシリーズのタイトルが大きく近づいた瞬間だった。

若手騎手の希望を打ち砕いた48歳の大ベテラン

 しかし、5年目23歳の若手騎手の希望を打ち砕いたのは、48歳の大ベテランだ。

岩田康誠に潰された5年目23歳「傷心」武者修行へ。活かせなかった「3つの幸運」人馬のサマー王者が霧散の画像2
岩田康誠騎手 撮影:Ruriko.I

「外枠なので、思い切ったレースをしようと思った」と語った岩田康誠騎手は、スタート直後の1コーナーを回り終えてペースが落ち着いたところを外から強襲。あっという間にベレヌスのハナを叩くと、蓋をしてレースの主導権を奪うことに成功した。

 一気にハナに立った岩田康騎手は開幕週の馬場傾向を最大限活かし、最後はクビ差の接戦に。残念ながら一歩及ばなかったが、大胆不敵な騎乗で12番人気の伏兵ミッキーブリランテを2着に導いたパフォーマンスが称賛されたことは言うまでもない。

 レース後「色々とマッチしたね。楽に行ければ逃げ切れたけど……」と接戦2着の悔しさを露にした岩田康騎手は、勝ち星の数こそ息子の岩田望来騎手にお株を奪われているが、今年重賞5勝と大舞台の騎乗が光る。ベテランならではの読みが、秋競馬の開幕に波乱を呼び込んだ格好だ。

岩田康誠の好騎乗に潰された5年目23歳「期限なし」武者修行へ。活かせなかった「3つの幸運」人馬のサマー王者が霧散のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. デアリングタクト「生みの親」も絶句……「松山君は後ろすぎた」オールカマー(G2)完敗で気になる次走は
  2. 武豊「神騎乗」で菊花賞のパートナーを確保、降板のルーキーに見せつけた「格の違い」
  3. 武豊「韋駄天弟」を完璧エスコート! ハーツクライ産駒史上「初」の白星達成
  4. 武豊も経験した「悲劇」がM.デムーロに直撃! 10年ぶりの夢叶わず、陽気なイタリアンに踏んだり蹴ったりの災難続く
  5. 武豊「宿敵」はやがて「盟友」へ……世間を揺るがせた有馬記念から17年、産駒と築く新たな歴史
  6. 「超大物」JRA騎手が調教師試験に挑戦! 今村聖奈「大ブレイク」の陰で泣く若手騎手… 名門サラブレッドクラブ「解散」秒読み【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  7. JRA “福永祐一先生”が「教え子相手」に赤っ恥!? “鞍上強化”が呼び込んだ重賞初制覇、スプリンターズS(G1)シュネルマイスターに強力助っ人
  8. JRA福永祐一「G1勝てる」安藤勝己「走ってくる」新馬戦で2冠女王スターズオンアースに快勝した大器が再始動V!
  9. JRA M.デムーロ「襲来」を乗り越えてエースの座。関係者も噂する「勝ち切れなかった男」が怒涛の3連勝でキャリアハイ驀進中
  10. C.ルメールの「大本命」撃破に名牝誕生の予感!? 落馬負傷で女傑クロノジェネシスと惜別から約1年4か月「元主戦」に舞い込んだ希望の光