NEW

C.ルメールやD.レーンも絶賛した「遅れてきた大器」が3連勝!グレートマジシャン、ドゥラドーレス厩舎に「看板候補」の新星現る

【この記事のキーワード】, ,
C.ルメールやD.レーンも絶賛した「遅れてきた大器」が3連勝!グレートマジシャン、ドゥラドーレス厩舎に「看板候補」の新星現るの画像1
戸崎圭太騎手

 厩舎の新しい「顔」となるような大物候補が誕生したのかもしれない。

 11日、中山競馬場で行われた9Rの白井特別(2勝クラス)は、戸崎圭太騎手の1番人気エピファニー(牡3、美浦・宮田敬介厩舎)が優勝。伯母に牝馬2冠のミッキークイーンを持つ良血が、未勝利、1勝クラスに続く3連勝を決めた。

「折り合いだけと思っていましたが、リズム良く運べました」

 9頭立て芝1800mのレースで好スタートを切ったエピファニーは、道中で外目の4番手を追走。鞍上が心配していた折り合い面もセーブが利き、スローペースのなか終始好位を保ちながら、唸るような手応えで最後の直線に入る。

 そこから鞍上が軽く促し先頭に立つと、一気に加速して後続を突き放す伸び脚を披露。中山最後の急坂を力強く駆け上がり、2着ミトロジーに2馬身半差をつけた。

「前走から4か月の休み明けに加え昇級初戦という状況でしたが、ここでは力が違いましたね。勝ち時計こそ派手さはないものの、最後は鞍上が流す余裕すらありましたし、完勝といえる内容でした。

レース後には2着に敗れたミトロジーの三浦皇成騎手や3着のゴーゴーユタカに騎乗していた横山武史騎手も『勝った馬が強かった』と揃ってエピファニーを称賛していましたから、その実力は本物といえるでしょう。

未勝利勝ち以来のコンビとなった戸崎騎手も『馬が良くなっていた』と成長を感じているようでしたし、ますます今後が楽しみになりましたよ」(競馬誌ライター)

過去にはC.ルメール騎手やD.レーン騎手も絶賛

 デビューから勝ち上がりに3戦を要したものの、新馬戦ではのちのフェアリーS(G3)の覇者であり、先週の紫苑S(G3)で3着したライラックに迫る2着に入ったエピファニー。敗れたとはいえ、上がり最速の脚で追い上げた内容には目を見張るものがあり、当時騎乗したC.ルメール騎手も「最後はすごく良い脚を使いました。能力があります」と高評価していた逸材だ。

 また5月に1勝クラスを勝った際には、手綱を取ったD.レーン騎手が「ナイスホース」と絶賛していたことからも、スケールの大きさを感じさせる。未勝利勝ちから3連勝した経緯を見ると、ひと夏を越して一気に素質が開花した印象に映る。

C.ルメールやD.レーンも絶賛した「遅れてきた大器」が3連勝!グレートマジシャン、ドゥラドーレス厩舎に「看板候補」の新星現るのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合