NEW

「悲運の名馬」と同じ骨折でターフを去った「スターホース候補生」。エフフォーリア世代の伏兵がついに本格化か

【この記事のキーワード】, ,

「悲運の名馬」と同じ骨折でターフを去った「スターホース候補生」。エフフォーリア世代の伏兵がついに本格化かの画像1

 のちの一流馬を蹴散らし輝かしい未来が視界に入りながらも、夢半ばでターフを去った馬の弟が、いよいよ本格化か。

 11日、中京競馬場で行われた9Rの長久手特別(2勝クラス)は、菱田裕二騎手の3番人気ハートオブアシティ(牡4、栗東・森田直行厩舎)が優勝。レースはスタートで少しモタつくも、道中は中団やや後ろから追走、最後の直線で外に持ち出し見事に差し切った。

 森田師はレース前に「開幕週で速い時計への対応が鍵になる」と語っていたが見事対応。ひと夏を越え、成長を見せた。

 菱田騎手はレース後、「前回から間隔が空いていない中でしたが、より大人になっていました。返し馬から雰囲気が良かったです。道中は折り合いがついて、ギリギリまで追い出しを待っていました。スタートから通して良いリズムで競馬ができました」と語った。

 2歳秋にデビューし、2戦目となる未勝利戦で初勝利を挙げたハートオブアシティ。新馬戦で2着に敗れた際の勝ち馬が、6月にエプソムC(G3)を制したノースブリッジだったことから、ファンの間で再評価する声が上がっている。

 また、その新馬戦では3着がショウナンアレス(現3勝クラス)、4着がのちの京都新聞杯(G2)2着のルペルカーリアだったこともあり、レースレベルが高かったことは確か。

 3歳時には共同通信杯(G3・10着)、京都新聞杯(6着)に出走するもクラシック出走は叶わず。両重賞ではのちのグランプリホースであるエフフォーリアを筆頭に、シャフリヤールやステラヴェローチェ、レッドジェネシスなどG1や重賞ウイナーとしのぎを削ってきた。

 そして、4歳になる今年に入ると5戦で[2-2-0-1]と本格化の兆しを見せている(着外の1戦も、4着)。鞍上がレース前に「ゲートは遅いが脚力はある」と語っていたように、出遅れ癖の克服が更なる躍進への鍵か。

スターホースの座が視界に入った兄は、故障に泣きターフを去った

 ハートオブアシティはケヴィン(父キズナ)の半弟。ケヴィンといえば若駒S(L)でパンサラッサやアリストテレス、ラインベックなど並み居る強敵を押し退けて勝利。それ以外のレースでもアカイイトやディープボンドに先着しクラシックでの活躍が期待されたスター候補生だった。

 しかし、その若駒S後に故障(左前脚の手根骨骨折)が判明し引退。管理していた長谷川浩大調教師は当時「天皇賞・秋で予後不良になったサイレンススズカと同じ重度の骨折で、レース中だったらまず命はなかった」と無念の声を語っていた。

 のちにパンサラッサがドバイターフ(G1)、アカイイトはエリザベス女王杯(G1)を制しアリストテレスやディープボンドは重賞勝ちやG1・2着の実績を残していることを考えると、ケヴィンがとてつもない素質を秘めていたことが分かる。

 手術を行ったケヴィンは命を繋ぎ止め、現在は乗馬として過ごす。引退した今でも根強いファンがおり、SNSでも愛らしい近況がアップされている。

オーナーの所有馬には古馬になって本格化した実力馬たちがズラリ

 オーナーは吉田千津氏。社台ファーム代表である吉田照哉氏の妻としても知られ、代表的な所有馬に2016年にエリザベス女王杯を制したクイーンズリングや天皇賞・春(G1)を制したイングランディーレなどがいる。

 なんの因果か、氏の所有馬はシンゲン(6歳で重賞初制覇)やダンシングプリンス(5歳で重賞初制覇)、イングランディーレ(5歳でG1初制覇)など古馬になってから本格化した馬が多い。兄の夢も背負って走るハートオブアシティの、今後の躍進に注目したい。

パワー丸八

〈著者プロフィール〉

子供と毎日悪戦苦闘の主夫ライター。中学1年生の時、テレビで偶然見た金鯱賞でサイレンススズカの大逃げに衝撃を受け、競馬の面白さに目覚める。地元は某地方競馬場がある街。はじめてハマった競馬ゲームは「ウイニングポスト3」

「悲運の名馬」と同じ骨折でターフを去った「スターホース候補生」。エフフォーリア世代の伏兵がついに本格化かのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合