NEW

エリザベス女王とディープインパクトの間に意外な繋がり、日本競馬を裏から支えた“競馬好き”の影響力

エリザベス女王とディープインパクトの間に意外な繋がり、日本競馬を裏から支えた競馬好きの影響力の画像1
撮影:Ruriko.I

 8日、イギリスのエリザベス女王が崩御したとの一報が、世界中を駆け巡った。在位70年は長いイギリス王室の歴史の中でも最長かつ、世界で存命中の君主として最長の在位期間を誇った。イギリス国民からも愛された女王の崩御にイギリス中が深い悲しみに包まれた。

 そんなエリザベス女王だったが、競馬発祥の地の君主だっただけに、とても熱心に競馬を庇護していたことは、日本の競馬ファンでも知るところだろう。

 わかりやすいところでは、秋の牝馬チャンピオン決定戦、エリザベス女王杯(G1)に名前が残っている。レース名ならオーストラリアには2020年にダノンプレミアムがアデイブの3着に入ったクイーンエリザベスS(G1)が、香港には昨年ラヴズオンリーユーが勝利を飾ったクイーンエリザベス2世C(G1)などがある。

 レース名に名前が残るほどなので、当然馬主や生産者としても大きな貢献をしている。イギリスの3歳クラシックも英1000ギニー(日本の桜花賞)、英2000ギニー(日本の皐月賞)、英オークス、英セントレジャー(日本の菊花賞)を持ち馬で制している。

 偉大な女王陛下でも、最後までダービーを勝てなかったのは、彼女の国の首相であったウィンストン・チャーチルが残したとされる「ダービー馬のオーナーになるのは一国の宰相になるより難しい」を図らずも体現したと言えるだろう。

 オーナーとしてはこの他にも女王の両親の名前を冠した欧州3冠レースのひとつ、キングジョージ6世&クリーンエリザベスSやディアヌ賞(仏オークス)、セントジェームズパレスS、ヨークシャーオークス、エクリプスSなど名だたるG1レースを勝ちまくり、優秀な馬主であった。

 こうした大レースの勝ち馬は種牡馬や繁殖牝馬となり、後世にその血脈を残している。その血は日本競馬にも多大な影響を与えていることは意外に知られていないかもしれない。

エリザベス女王とディープインパクトの間に意外な繋がり

 エリザベス女王の持ち馬に連なる血統でもっとも日本で成功したといえるのが、他ならぬディープインパクトである。父親は言わずと知れた米国産の名馬サンデーサイレンスだが、母系の3代母にハイクレアの名前がある。実はこのハイクレアを所有していたのが、エリザベス女王だったのだ。

 ハイクレアは71年生まれの牝馬で、74年の英1000ギニーとディアヌ賞を制したクラシックホース。これ以外にもキングジョージ6世&クイーンエリザベスSで2着に入っており、自身も優秀な競走馬だった。

 直仔には大レースを勝った産駒が出なかったが、孫の代になって英クラシック2冠を制したナシュワンや英チャンピオンS(G1)ほか重賞7勝したネイエフが出ている。この孫の代で生まれたのがディープインパクトの母であるウインドインハーヘアだ。ディープインパクトはハイクレアのひ孫に当たる。

エリザベス女王とディープインパクトの間に意外な繋がり、日本競馬を裏から支えた“競馬好き”の影響力のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合