NEW

パチンコ大当り確率500分の1で「3回1セット」の珍機種!?

【この記事のキーワード】, ,

パチンコ大当り確率500分の1で「3回1セット」の珍機種!?の画像1

老舗メーカーの話題となった珍機種!?

 先日は『ロックンビート』という、現金機でありながら現在のミドルスペックレベルな機種を紹介しました。その遊技機メーカーは「マルホン工業」です。

 ご存じの皆さんもいらっしゃるとは思いますが、同社はちょっと前に民事再生を行なって厳しい時期がありました。しかし企業の努力もあって、近年にようやく底を脱したのです。現在では、液晶デジパチに頼らないセグやドット、またはクルーンを用いたゲーム性の遊技機を発表しています。

 先日の『ロックンビート』辺りに発表した同社の機種は、そのほとんどがドットデジタルを用いたものばかりでした。名作揃いであり、さすがにまとめては紹介しきれないのです。それは追々紹介していきますが…。

 同時期に現在のP機やCR機よりもかなり重い確率で、当たり前のことがそうでないゲーム性を持ったスペックの機種がありました。これもドットを使った同社の珍機種です。

現金機『サイドセブン』

 今回は1993年に発表された現金機『サイドセブン』を紹介したいと思います。残念ながら私は同機を打ったことがありませんでしたが、色々と映像で確認しています。

 大当り確率が、何と過去のCR機MAXタイプよりも重い「515分の1」という驚愕スペックです。大当り絵柄が22種類あって、そのうち20絵柄で大当りすると、以後2回大当りします。この頃の後に登場する『CR黄門ちゃま2』や『CRフィーバーワールドⅠ』などのスペックに近い感じです。

 ただし同機は、いわゆる「3回ワンセット」の3回権利モノみたいなものでした。

パチンコ大当り確率500分の1で「3回1セット」の珍機種!?のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合