NEW

騎乗馬の「7割」が単勝万馬券級の大穴…“最も不遇なルーキー”が掴み取った初勝利

【この記事のキーワード】, ,

騎乗馬の「7割」が単勝万馬券級の大穴…最も不遇なルーキーが掴み取った初勝利の画像1

 9月11日の中山1R(2歳未勝利・ダート1200m)は、6番人気のネバレチュゴーが後続に6馬身差をつける快勝。嬉しい初勝利を挙げた。

 キャリア4戦目にして初のダート戦だったが、果敢に逃げて上がり最速の37秒5をマーク。導いたのは今年3月にデビューしたルーキーの水沼元輝騎手で、これがキャリア62戦目にしてようやく掴んだJRAでの初勝利だった。

 同騎手は9月6日に大井競馬場で行われたヤングジョッキーズシリーズのトライアルラウンドで初勝利を挙げており、「周囲の方々から、次は中央(JRA)だねと祝福されていたので、同じ週に勝つことができてとても嬉しい」と喜んだのも無理はない。

 今年デビューの新人と言えば、これまで39勝を記録している今村聖奈騎手が大きな注目を集め、角田大河騎手も20勝と活躍中。好スタートを切った同期たちの姿に「ジェラシーはあった」と本音を明かしつつ、「同期を抜かすくらい、これから全部勝ってやるという思いで乗ります」と力強く宣言した。

 9月2日に20歳の誕生日を迎えた水沼騎手。今年2月に競馬学校を卒業した38期生の中では最年長で、同期よりも1学年上の“お兄さん”である。

 というのも、競馬学校への入学は37期生として。永島まなみ騎手や小沢大仁騎手、初勝利のインタビュー時に祝福の輪を作った永野猛蔵騎手らとともにJRA騎手への歩みを踏み出している。

 ところが、1年の留年があったため、彼らとともに表舞台に立つことは叶わず。デビューを前に挫折を味わいながら、「37期生の活躍は騎手になりたいという気持ちを強くしてくれました」と、悔しさを糧に4年かけて競馬学校を卒業。晴れてJRA騎手の一員になる夢を叶えた。

騎乗馬の「7割」が単勝万馬券級の大穴…

 しかし、その後に待っていたのも険しい道のり。3月6日のデビューから、7戦連続で単勝オッズ100倍以上の馬に騎乗。角田河騎手が初日から2勝、今村騎手も2週目で勝利を挙げる中、言葉を選ばずに言えば“ノーチャンス”の馬への騎乗がほとんどだった。

 その後も騎乗ペースは伸びず、先週までの騎乗数は64回。そのうち3番人気が1回、4番人気が1回、5番人気も1回で、単勝オッズ1ケタ台の馬への騎乗はたったの2回だけ。

 実に全体の7割を超える46頭が単勝100倍以上の馬で、騎乗馬の平均人気は「12.6」。これは同期の中でも最も大きな数字となっており、この状況で結果を出せというのも難しい。

騎乗馬の「7割」が単勝万馬券級の大穴…“最も不遇なルーキー”が掴み取った初勝利のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合