NEW

今村聖奈に「すっかり水を空けられた」藤田菜七子が手にした大チャンス!大物馬主素質馬で示したい女性騎手先駆者の意地

【この記事のキーワード】, ,
今村聖奈に「すっかり水を空けられた」藤田菜七子が手にした大チャンス!大物馬主素質馬で示したい女性騎手先駆者の意地の画像1
藤田菜七子騎手

 先週の紫苑S(G3)で6着に敗れたニシノラブウインク(牝3歳、美浦・小手川準厩舎)が、藤田菜七子騎手との新コンビで来月23日の新潟牝馬S(OP)に向かうことが分かった。

 エピファネイア産駒の同馬は、半姉に2014年のオークス(G1)で4着に善戦したニシノアカツキがいる血統。今年3月のフラワーC(G3)ではスタニングローズから半馬身差の2着に入っている素質馬だ。

 同レースの後は果敢にオークス(G1)へ挑戦。単勝万馬券の超人気薄だったものの、積極的にハナを奪うと残り200mまで先頭をキープ。最後はさすがに力尽きたが、スターズオンアースから1秒1差の8着は大健闘といっていいだろう。

 その後は休養を挟み、秋華賞(G1)への優先出走権を懸けて紫苑Sに挑むも敗戦。前回とは打って変わった中団待機策で道中やや折り合いに苦戦したのも、最後に伸びを欠いた理由の1つか。

 レース後、手綱を取った三浦皇成騎手も「道中で力んでいた。今日はリラックスさせることができなかった」とのコメントを残している。

 同馬を所有する西山茂行オーナーの公式ブログによると、次走は東京競馬場のハンデ戦か牝馬限定のユートピアS(3勝クラス)を検討していたようだが、管理する小手川師が新潟牝馬Sへの参戦を進言してこれを承諾。

 菊花賞(G1)当日の裏開催である新潟が舞台のうえ、斤量が51キロということもあり、鞍上選びがやや難航したようだが、最終的には藤田菜七子騎手に白羽の矢が立ったようだ。

 西山オーナーは「折り合いの難しい馬だが藤田菜七子なら当たりも柔らかいし、案外ハマるかもしれないね」と、期待をブログに綴っている。ローカルの裏開催とはいえ、当日は多くの注目が集まりそうだ。

「ちなみに新潟牝馬Sは同距離で行われるエリザベス女王杯(G1)の前哨戦的な位置付けとして2020年に新設されており、昨年は2着だったソフトフルートが本番で4着に好走しています。

ニシノラブウインクもここで好走することがあれば、秋の女王決定戦への参戦も視野に入ってくるかもしれませんね」(競馬誌ライター)

 また、新パートナーに選ばれた藤田菜七子騎手にとっても、ここは力の入る一戦になりそうだ。

今村聖奈に「すっかり水を空けられた」藤田菜七子が手にした大チャンス!大物馬主素質馬で示したい女性騎手先駆者の意地のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合