NEW

武豊「総スカン」から始まった凱旋門賞の歴史。前年2着馬で挑むビッグチャンスも、ディープインパクト以上の不完全燃焼に酷評

【この記事のキーワード】, ,
武豊「総スカン」から始まった凱旋門賞の歴史。前年2着馬で挑むビッグチャンスも、ディープインパクト以上の不完全燃焼に酷評の画像1
武豊騎手 撮影:Ruriko.I

 10月2日にパリロンシャン競馬場で行われる凱旋門賞(G1)が段々と迫り、日本の関連報道もいよいよ熱を帯びてきた。中でも最近、毎日のようにメディアに登場しているのが、今年の日本ダービー馬ドウデュース(牡3歳、栗東・友道康夫厩舎)で挑む武豊騎手だ。

 14日には10戦無敗馬バーイード回避の情報が世界を駆け巡ったばかり。世界最強と名高い強敵の不在が確定し、日本競馬が世界の頂点にまた一歩近づいた。

「全部、予定通りです」

 ドウデュースは前哨戦のニエル賞(G2)で敗れたものの、主戦騎手の表情には余裕がある。今回が通算10度目の挑戦となるからこそ醸し出せる頼もしさだが、10度目の挑戦となるからこそ、その思いも募るばかり……。凱旋門賞制覇は日本競馬の悲願であると同時に、日本が世界に誇る不世出のレジェンドジョッキーの悲願でもあるのだ。

武豊騎手「総スカン」から始まった凱旋門賞の歴史

 だが、そんな武豊騎手の凱旋門賞挑戦の歴史は「屈辱」から始まったことは、あまり知られていない。

「え? 自分で良いのですか?」

 騎乗依頼を受けた当時の心境が『netkeiba.com』で連載中の『ジョッキー’s ヒストリー』で語られている。

 詳細はぜひ8月7日の記事をご覧いただきたいが、武豊騎手が驚いたのも当然か。当時のホワイトマズルといえば、G1未勝利ながら前年の凱旋門賞2着馬である。他にもキングジョージ6世&QES(G1)2着があるなど、紛れもない欧州のトップホースの1頭だったからだ。

 引退後は日本で種牡馬として活躍するホワイトマズルだが、この時すでに社台ファーム代表の吉田照哉氏が所有権を購入していた。その関係で日本の若きスターにビッグチャンスが巡ってきたというわけだ。

 思わぬ形で世界挑戦が始まった武豊騎手は、ホワイトマズルの“試運転”となったキングジョージ6世&QESでさっそく2着と、そのポテンシャルの片鱗を味わっている。騎手本人だけでなく、日本の競馬界がこれまで雲の上でしかなかった世界制覇へ大きな手応えを感じたのは言うまでもないだろう。

 そして迎えた凱旋門賞。だが、ここで武豊騎手は現在になっても後悔の念を語るほどの不完全燃焼に終わっている。レースの詳細は割愛するが、勝ったカーネギーから約2馬身遅れた6着に敗れたのだ。悔しさという意味では、かつての集大成となったディープインパクト以上かもしれない。

 日本競馬にとっては、これも大きな一歩だったが、現地のメディアは挙って武豊騎手の騎乗を酷評した。

武豊「総スカン」から始まった凱旋門賞の歴史。前年2着馬で挑むビッグチャンスも、ディープインパクト以上の不完全燃焼に酷評のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合