NEW

「人気し過ぎてかわいそう」ルメール、川田将雅でも1番人気連戦連敗……世界的良血2.4億円のエリートが若手騎手と「キャラ変」に挑む!

【この記事のキーワード】, ,

「人気し過ぎてかわいそう」ルメール、川田将雅でも1番人気連戦連敗……世界的良血2.4億円のエリートが若手騎手と「キャラ変」に挑む!の画像1

 日曜中京の9R木曽川特別(2勝クラス・芝2200m)にアーティット(牡3歳、栗東・友道康夫厩舎)が出走予定だ。

 同馬は前走(3歳以上1勝クラス/芝2000m)でキャリア初の逃げを選択すると、ライバルたちが一団でゴールするのを尻目に、1頭だけ2馬身半差抜けてフィニッシュ。その勝ちっぷりを評価されてか、『netkeiba.com』で公開されている予想オッズも1番人気となっている。

 新たなスタイルを確立した今、人気に応えられるか注目されるアーティットだが、これまではとにかく人気を裏切り続けてきた過去がある。

 デビューしたのは2歳の11月。無敗の仏2冠牝馬・ラクレソニエールを姉に持つディープインパクト産駒という超良血馬で、セレクトセールにおいて2億4200万円(税込)で落札された背景もあってか、新馬戦では単勝1.5倍と圧倒的な人気に支持された。

 しかし、その初戦で3着に敗れると、2戦目も1倍台の人気に応えられず2着に終わる。最初の2戦で跨ったC.ルメール騎手から川田将雅騎手に乗り替わった3戦目で見事に初勝利を挙げ、一度は悪い流れを断ち切ったように見えた。

 だが、そこから4連敗。うち3戦は川田騎手が騎乗し1番人気に推されながらの敗戦だった。

 また、3月のゆきやなぎ賞(1勝クラス・阪神芝2400m)で3着に敗れた際、川田騎手が「前走の内容から、あまりに人気し過ぎてかわいそうでしたが、現状できる走りはしてくれました」と語っており、アーティットは血統や鞍上からどうしても“過剰人気”になってしまう傾向があるのかもしれない。

 そんな中、一度だけ騎乗した吉田隼人騎手を含め、トップジョッキーばかりとコンビを組んできた同馬の転機になったのが前走だった。

坂井瑠星騎手と「キャラ変」に挑む!

「人気し過ぎてかわいそう」ルメール、川田将雅でも1番人気連戦連敗……世界的良血2.4億円のエリートが若手騎手と「キャラ変」に挑む!の画像2
坂井瑠星騎手

 坂井瑠星騎手が初めて騎乗し、アーティットはキャリアで最も人気が低い、単勝オッズ5.1倍の3番人気でレースを迎えた。

 1番人気はかつての相棒、川田騎手のテーオーソラネル(牡3歳、栗東・須貝尚介厩舎)だったが、結果は冒頭に記載した通りだ。初コンビの坂井騎手がアーティットの新味を引き出す見事な騎乗で快勝し、一方のテーオーソラネルは6着に終わった。

「坂井騎手は2年目にオーストラリアで武者修行に励み、帰国した3年目以降は毎年リーディング順位を上げるなど勢いのある若手。まだ中央でのG1勝利はありませんが、先週の紫苑S(G3)をスタニングローズ(牝3歳、栗東・高野友和厩舎)で制し、秋華賞(G1)への切符を掴みました。

アーティットは中長距離に実績のある友道厩舎ですし、ここを勝てば菊花賞(G1)参戦が検討されるかもしれませんね」(競馬記者)

 昨年の木曽川特別を勝ったディヴァインラヴは、牝馬ながら菊花賞に挑戦して3着と好走した。今年の菊花賞は皐月賞馬もダービー馬も不在が確定しており、上がり馬にもチャンスがありそうなだけに、アーティットもここで賞金を積んでおきたいところだ。

 今回も予想される1番人気では6戦5敗と苦戦しているアーティット。その“呪縛”を解した先には、新コンビでのG1挑戦が待っているかもしれない。

川瀬若馬

〈著者プロフィール〉

スペシャルウィークらと同世代の脱サラライター。2歳戦をこよなく愛し、POGにも傾倒。競馬にのめり込むきっかけを作ってくれたサトノダイヤモンドのようにスマートな馬を追い求めている。馬券はデータや指数など「数字」重視。回収率には目を背けることもある。

「人気し過ぎてかわいそう」ルメール、川田将雅でも1番人気連戦連敗……世界的良血2.4億円のエリートが若手騎手と「キャラ変」に挑む!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合