NEW

セントライト記念(G2)横山武史に巡ってきた「棚ぼた」チャンス!? 新コンビにG1勝ちフラグの吉兆、反撃の秋へ譲れない一戦

【この記事のキーワード】, ,
セントライト記念(G2)横山武史に巡ってきた「棚ぼた」チャンス!? 新コンビにG1勝ちフラグの吉兆、反撃の秋へ譲れない一線の画像1
横山武史騎手

 昨年のこの時期は、エフフォーリアとのコンビで制した皐月賞(G1)を含め、重賞レースで4勝を挙げた横山武史騎手。その後も天皇賞・秋をはじめ、有馬記念とホープフルSをも制した2週連続G1勝利もあり、年間でG1・5勝含む重賞9勝と、「2021年はタケシの年」と言っても過言ではないほどの大活躍だった。

 しかし、精彩を欠いた今年は、重賞勝利もナミュールで勝ったチューリップ賞(G2)のみ。G1に至っては一度も連対なしの苦戦を強いられている。自身の手で菊花賞馬に導いたタイトルホルダーも、今や兄の横山和生騎手のものになっており、もはや気の毒といえるほどツキのない状況に陥っている。

 そんな横山武騎手に挽回のチャンスが訪れた。19日、中山競馬場の11Rで行われるセントライト記念(G2)で、ショウナンマグマ(牡3、美浦・尾関知人厩舎)に騎乗する。
近3走は菅原明良騎手が騎乗していたが、菅原騎手は同レースでオニャンコポン(牡3、美浦・小島茂之厩舎)に騎乗するため、横山武騎手に騎乗依頼が回ってきた。

 前走日本ダービー(G1)組のアスクビクターモアやオニャンコポンが人気を集めそうだが、いずれも絶対的な存在でもない。セントライト記念は昨年のアサマノイタズラや2015年のキタサンブラックのように、たびたび人気薄の馬が激走している一筋縄ではいかないレースでもある。

 ショウナンマグマは『netkeiba.com』の想定オッズで単勝10番人気と人気薄だが、近2年のセントライト記念では、前走ラジオNIKKEI賞(G3)組(2021年のアサマノイタズラ、2020年のバビット)が勝利。「2度あることは3度ある」可能性も十分だろう。

「ラジオNIKKEI賞2着」は4頭のG1馬を生み出している

「ショウナンマグマは、7月のラジオNIKKEI賞で2着と好走していますが、勝てなかったことがむしろ、好結果につながるかもしれませんね。後にG1を勝つソングオブウインドやスクリーンヒーロー、フィエールマン、パンサラッサなどもこのレースを経験した馬でしたが、いずれも2着だったという共通点を持っているんです。偶然とはいえ、これはちょっとした吉兆といえそうです。中山右回りでの勝利も経験しているため、コース適性も問題ないでしょう」(競馬誌ライター)

 今回手綱を取る横山武騎手も中山の芝2200mを得意としており、通算【6.4.2.17】勝率20.6%・連対率34.5%・複勝率41.4%の成績を残している。鞍上が上手くエスコートできれば、初の距離にも対応できるはずだ。

 ただ、菅原騎手が乗るオニャンコポンは、菊花賞(G1)に向かわずに中距離路線に進む予定であり、ショウナンマグマが菊花賞に出走するようなら、再び菅原騎手に手が戻ることも考えられる。菊花賞のお手馬が決まっていない横山武騎手としては、ここで結果を残して続投をアピールしたいところだ。

 昨年のタイトルホルダーに続く菊花賞連覇を狙うためにも、最低でも権利を獲得して望みを繋げたい。

パワー丸八

〈著者プロフィール〉

子供と毎日悪戦苦闘の主夫ライター。中学1年生の時、テレビで偶然見た金鯱賞でサイレンススズカの大逃げに衝撃を受け、競馬の面白さに目覚める。地元は某地方競馬場がある街。はじめてハマった競馬ゲームは「ウイニングポスト3」

セントライト記念(G2)横山武史に巡ってきた「棚ぼた」チャンス!? 新コンビにG1勝ちフラグの吉兆、反撃の秋へ譲れない一戦のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合