NEW

セントライト記念(G2)オニャンコポンの命運も左右!? 主戦・菅原明良の「固め打ち」に注目

【この記事のキーワード】, ,
セントライト記念(G2)オニャンコポンの命運も左右!? 主戦・菅原明良の「固め打ち」に注目の画像1
オニャンコポン

 今週の中央競馬は2場×3日間の開催。19日の中山競馬場では、菊花賞トライアルのセントライト記念(G2)が行われる。

 ラスト一冠の切符をかけて、夏を越した3歳馬が集結。なかでも春のクラシック路線を歩んできた馬の再始動に注目が集まる中、日本ダービー(G1)以来の実戦に挑むのがオニャンコポン(牡3歳、美浦・小島茂之厩舎)だ。

 今からちょうど1年前、新馬戦に登場した時には馬名の方が話題になった同馬だが、その新馬戦を6番人気・単勝32.0倍で快勝すると、続く百日草特別も勝って2連勝。一躍世代の有力馬として頭角を現す。

 暮れのホープフルS(G1)は11着と敗れたが、年明けの京成杯(G3)では立ち直った姿を見せて重賞初制覇。その後は皐月賞(G1)で6着、日本ダービー(G1)は8着と、掲示板に載ることは叶わなかったが、堂々とクラシックロードを歩んできた。

 前走のダービーについて、管理する小島調教師は「ちょっと距離は長かったのか、最後は上位の馬とは力の差を感じた」と振り返りつつ、「外回りの2200mはすごく良いと思う」とし、2勝を挙げている中山コースと、前走からの距離短縮には好感を持っているようだ。

セントライト記念(G2)オニャンコポンの命運も左右!? 主戦・菅原明良の「固め打ち」に注目の画像2
菅原明良騎手

 そんなオニャンコポンとデビューからコンビを組んでいるのが、4年目・21歳の菅原明良騎手だ。今年はすでに重賞で3勝を挙げており、57勝でリーディング11位と存在感を発揮している。昨年は75勝を挙げてリーディング11位だっただけに、今年は勝ち星においても、リーディングの順位においてもキャリアハイの更新に期待がかかる。

菅原明良騎手の「固め打ち」に注目

 そんな若きホープの今年の歩みを振り返った時、目を引くのが“連荘”の多さだ。

 今年1月8日の4Rで初勝利を掴んでから、その日のうちに3勝を積み上げる好スタートを切った菅原騎手。オニャンコポンとのコンビで京成杯を制した1月16日の週も、土日で2勝ずつ挙げて計4勝をマークしている。さらに、7月23日の福島では1日4勝の大暴れ。翌日も2勝を挙げる活躍で、週6勝を荒稼ぎした。

 直近でも、8月20日の新潟で7Rから10Rにかけて4連勝をマーク。9月4日の新潟でも9Rから11Rまで3連勝しており、その3つ目がカラテと挑んだ新潟記念(G3)だった。

 一度勢いに乗ると手が付けられない状態になるのが、菅原騎手の特徴であり大きな武器だ。

セントライト記念(G2)オニャンコポンの命運も左右!? 主戦・菅原明良の「固め打ち」に注目のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合