NEW

【ローズS(G2)予想】オークスで注目された川田将雅×アートハウスは今回も切り!馬場悪化必至のなら道悪巧者の穴が開く予感

【ローズS(G2)予想】オークスで注目された川田将雅×アートハウスは今回も切り!馬場悪化必至のなら道悪巧者の穴が開く予感の画像1

 今回は秋華賞(G1)への最終切符をかけて争われるトライアル・ローズS(G2)を予想していく。

 先週の振り返り。まず紫苑S(G3)は◎スタニングローズと△サウンドビバーチェは順当過ぎるほど順当に来たが、3着が切ったライラック。予想外に外から良い脚で伸びてきた。これを実力と見るか展開のアヤと見るかで、本番での取捨が決まるか。

 京成杯AH(G3)は▲ファルコニアが勝ち、3着に△クリノプレミアムが来たまでは良かったが、2着はノーマークのミッキーブリランテ。まさか1コーナーを回ったところでハナに立ち、そのまま直線で粘るとは予想だにしなかった。近3走はいずれも二ケタ着順で買い要素ゼロ。これは岩田康誠騎手の好騎乗がすべてだった。

 セントウルS(G2)は◎→△→○で的中。メイケイエールが圧倒的な1番人気になったせいで、それほど美味しい馬券にならなかったのが少々残念ではある。ダディーズビビッドはやはり本番でどう変わるか、ソングラインも予想で指摘した通り、本番への叩きだったことと本質的にスプリント向きではなかったのだろう。

 では、予想に戻ろう。

 まずはいつものように過去10年、馬券に絡んだ30頭の前走データを見ていく。昨年、一昨年は中京2000mと施行条件が若干変わっているが、区別せずピックアップする。
オークス 13頭
条件戦(1勝クラス) 5頭
三面川特別(2勝クラス) 2頭
フローラS、未勝利戦 各1頭
条件特別(2勝クラス) 5頭
条件特別(1勝クラス) 3頭
となっている。オークス(G1)からの転戦馬が約半数。過去にはオークス馬が秋の初戦にココを選んで好走する例が多かったが、近年はオークスで大敗した馬がここで巻き返しを図る例が多い。これを除くと条件馬が秋華賞への切符をかけてガチで出走している。条件馬だけに比較が難しいが、特に吟味が必要になってくるだろう。

 続いて人気順の成績を見てみる。
1番人気 4-1-1-4
2番人気 1-2-2-5
3番人気 1-0-2-7
4~6番人気 2-2-1-25
7~9番人気 2-1-1-26
10番人気以下 0-4-3-61
となっている。1番人気がそこそこ信用できそうな数字を残しており、近5年でも1勝3着1回とまずまず。10年分の数字では今ひとつ信用できない2番人気と3番人気も、近5年ならそれぞれ2頭が馬券に絡んでいるので、取捨は要検討だろう。ただし、上位人気だけで決まったのは12年だけでその後は人気薄が激走して馬券に絡むパターンが多い。二ケタ人気の馬も近5年で4頭馬券になっており、見極めが必要だ。

 ちなみに当日の天気は曇り時々雨の予報。前日、当日ともに降水確率が60%ということで、パンパンの良馬場というわけにはいかなそうだ。重適性も考慮しつつピックアップしていきたい。


 これを踏まえて「◎」は人気しそうだが1番セントカメリアとする。

 前走は月岡温泉特別(2勝クラス)。逃げ馬を前に見ての番手で競馬を進め、直線で前の馬を交わしたものの後ろから来た馬に差されての2着となった。ちなみにこのレースで勝ったラーグルフはセントライト記念(G2)に出走する。

 昨年10月の中京でデビューしているが、この時は出遅れも響いて2着。未勝利脱出は今年3月で4戦を要した。しかし、ここから連勝で1勝クラスを勝ち上がっての前走2着という流れ。

 負けた4戦のうち3戦はマイル戦で、4戦目の未勝利で2000m戦を使ってあっさり勝ち上がったところを見ると中距離以上に距離適性があるのだろう。今回の中京2000mの舞台も未勝利、1勝クラスと連勝を飾っているだけにコースとの相性も申し分なさそうだ。

 加えて、この連勝したレースがどちらも重馬場。それでいながら、1勝クラスでは1分59秒6と重馬場にしては速いタイムで勝ち上がっている。さらにこの1勝クラスで下したのがセントライト記念で有力馬と目されているガイアフォースだ。

 一線級とまでは言わないが、世代上位の実力馬を下して臨んできているのは実力あってのもの。重馬場適性もあり、前が残りやすいレース傾向は前で競馬したいこの馬向き。ここは人気になっても押さえたいところだ。


「○」は多少穴っぽいところで14番ルージュリナージュを挙げる。

 前走は1勝クラスの条件戦。好スタートから前を譲って中団からの競馬。直線に向いて同じような位置取りだった馬と叩き合いになり、これを制して勝利している。

 10月東京でデビューするも4着。その後、一息入れた今年2月に未勝利を勝ち上がっている。1勝クラスの条件特別で惜しい競馬が続いていたところでの前走勝利ということで、未勝利勝ち上がりから前走までの4戦はいずれも馬券圏内の堅実な走り。そして、前3走までが渋った馬場でのレースで重馬場適性も十分あると見た。

 2走前、3走前で負けた相手はどちらも秋華賞直行ということで、戦ってきた相手も中の上くらいの実力はある馬。今回のメンバーは重賞連対経験馬が1頭いるだけで大半は1勝クラスか2勝クラスかといったところ。十分以上に好勝負できる実力はあるはずだ。

 陣営からはレースで一生懸命になりすぎる点が課題とコメントが出ているが、最近は我慢が利くようにもなったとして、権利取りに色気十分。押さえるだけの理由にはなるだろう。

【ローズS(G2)予想】オークスで注目された川田将雅×アートハウスは今回も切り!馬場悪化必至のなら道悪巧者の穴が開く予感のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合