NEW

謎のダート初挑戦で「単勝1.9倍」今村聖奈の大本命が惨敗……前走・芝で2着も、大物ルーキーの「相馬眼」に疑問の声?

【この記事のキーワード】, ,
謎のダート初挑戦で「単勝1.9倍」今村聖奈の大本命が惨敗……前走・芝で2着も、大物ルーキーの「相馬眼」に疑問の声?の画像1
今村聖奈騎手

 17日、中京競馬場で行われた1Rの2歳未勝利は、幸英明騎手の3番人気ドライグが優勝。デビュー2戦目にして嬉しい初勝利を飾った。

「1回使って馬が良くなっていました」

 前走の新馬戦では6着に敗れていたものの幸騎手がそう話した通り、今回は上積みが大きかったようだ。「まだ伸びしろがありそうだし、上に行っても楽しみです」と続けて今後への期待も口にしている。

 一方、単勝1.9倍の断然人気に推された今村聖奈騎手のヨウシタンレイ(牝2、栗東・松永昌博厩舎)は、まさかの6着に敗れた。

 前走のデビュー戦では、大人気競馬アプリ『ウマ娘 プリティーダービー』(Cygames)で知られる藤田晋オーナー所有の評判馬フロムダスクの2着に迫ったヨウシタンレイ。当時は小倉芝1200mという条件だったものの、重馬場で好走したこともあってか、今回のダート替わりはむしろプラスと考えるファンも少なくなかったようだ。

 しかし、残り300m付近で脚が止まると、そこからズルズルと後退。最終的に、勝ち馬ドライグから1秒3も遅れてゴールする惨敗を喫してしまった。

「うーん、デビュー戦が惜しい競馬だっただけに『今回こそは』と断然人気になっていたようでしたが……。前走は芝だったので、もしかしたらダートが合わなかったのかもしれません。

兄のココリホウオウは芝で2勝していますし、父も安田記念(G1)など芝重賞を3勝しているサトノアラジン。母のフレイムミーティアが地方ながらダートで活躍していたので、その辺りに期待したのかもしれません」(競馬誌ライター)

 ライターの話す通り、前走は芝で好走しながら今回あえてダートへ挑戦した経緯は、結果が出なかっただけにやや気になるところだ。

今村騎手の「相馬眼」に疑問の声?

「実は先日『東京スポーツ』の取材に、今村騎手がヨウシタンレイについて『本質的にはダートでは』とコメントしていたそうです。今村騎手としては、前走がパワーを要する芝の重馬場だったので、ダートでより活きると期待したのかもしれませんね。残念ながら結果は出ませんでしたが、デビュー戦と同じ1200mならダートでも一変した姿を見せてくれるかもしれません」(別のライター)

 また今村騎手は「追い切りの動きも凄くいい」「ダートコースに入れて反応を確認している」と今回のレースに自信を覗かせていたそうだ。そういった背景も、ヨウシタンレイの人気により拍車をかけたかもしれない。

 ところが、蓋を開けてみればファンの期待を裏切る結果に……。

 レース後には、ネットの掲示板やSNS等で「全然ダメやん」「ダート合わないんじゃない?」「見当違い」など、一部のファンからは今村騎手の発言や陣営のダート挑戦に対し疑問の声が上がっていた。

 とはいえ、騎手や陣営の見立てが必ずしもその通りになるとは限らないのが競馬。実際走ってみないことには、適性は誰にもわからないことの方が多いだろう。

 今回は自らが「本質的にはダート」とコメントしたヨウシタンレイで、残念ながら結果を残せなかった今村騎手。次戦こそ帳消しにする快勝はみられるだろうか。

ハイキック熊田

〈著者プロフィール〉

ウオッカ全盛期に競馬と出会い、そこからドハマり。10年かけて休日を利用して中央競馬の全ての競馬場を旅打ち達成。馬券は穴馬からの単勝・馬連で勝負。日々データ分析や情報収集を行う「馬券研究」三昧。女性扱いはからっきし下手だが、牝馬限定戦は得意?

謎のダート初挑戦で「単勝1.9倍」今村聖奈の大本命が惨敗……前走・芝で2着も、大物ルーキーの「相馬眼」に疑問の声?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合