NEW

【オールカマー(G2)展望】「復活」デアリングタクト&ヴェルトライゼンデVS「晩成の大物」ソーヴァリアント&テーオーロイヤル!

【オールカマー(G2)展望】「復活」デアリングタクト&ヴェルトライゼンデVS「晩成の大物」ソーヴァリアント&テーオーロイヤル!の画像1

 いよいよ秋競馬も3週目。25日に中山競馬場で行われるのは天皇賞・秋(G1)の前哨戦、オールカマー(G2)だ。

 年によってメンバーレベルにばらつきがあるこのレース。今年は三冠牝馬を筆頭に重賞ウイナーが多数出走を予定している。

 実績面で抜きんでているのは、2年前に無敗で牝馬三冠を達成したデアリングタクト(牝5歳、栗東・杉山晴紀厩舎)だろう。

 惜敗続きだった昨年春に右前脚に繋靱帯炎を発症。長期離脱を強いられたデアリングタクトは、今年5月のヴィクトリアマイル(G1)で約1年ぶりに実戦復帰を果たした。このときは6着に敗れたが、外伸びが顕著な馬場で最内を突いて見せ場を作った。

 距離を延ばして臨んだ前走の宝塚記念(G1)は、中団やや後方からの競馬。先行馬有利な流れの中、直線外を回してディープボンドとの3着争いを制している。夏はリフレッシュ放牧に出され、8月末に栗東に帰厩。14日の1週前追い切りで好時計をマークするなど、順調に調整は進んでいるようだ。

 鞍上を務めるのはもちろん松山弘平騎手で、馬主のノルマンディーサラブレッドレーシングHPの近況報告によると「(1週前追い切りは)納得のいく動きでした。春先はまだハミに頼る面がありましたが、それも解消されてだいぶ体を起こして走れるようになっている」とのこと。春からの上積みは間違いなくあるだろう。

 2年前の秋華賞(G1)を最後に勝利こそないが、その後も常に上位争いを演じており、2年ぶりの勝利へ向けて、ここは大きなチャンスとなりそう。三冠達成時と変わらぬパフォーマンスを見せることができれば、秋の展望が大きく広がる。

【オールカマー(G2)展望】「復活」デアリングタクト&ヴェルトライゼンデVS「晩成の大物」ソーヴァリアント&テーオーロイヤル!の画像2
テーオーロイヤル 撮影:Ruriko.I

 相手筆頭はテーオーロイヤル(牡4歳、栗東・岡田稲男厩舎)か。昨秋は自己条件戦を3連勝し、オープン入りすると、ダイヤモンドS(G3)で連勝を4に伸ばした。

 続く天皇賞・春(G1)は勢いを買われて4番人気に支持されると、4角までに2番手に押し上げる積極的な競馬で3着に食い込んでみせた。

 勝ったタイトルホルダーには8馬身差をつけられたが、2着争いを演じたディープボンドとはわずか1馬身差。さらに4着ヒートオンビートには3馬身半差をつけており、スタミナなら現役でも五本の指に入る存在にまで成長している。

 今回は2200mへの距離短縮が課題となりそう。ちょうど1年前にこの距離で1勝クラスを勝ち上がっているものの、戦績を見れば距離は長い方がベターなのは間違いない。初の中山コースとともに“距離不足”克服がカギとなる。

 昨年12月のチャレンジC(G3)で重賞初勝利を挙げたソーヴァリアント(牡4歳、美浦・大竹正博厩舎)は、それ以来となる実戦で重賞2連勝を狙う。

 2歳時にはレース後の失格などもあって、勝ち上がったのは4戦目だった。陣営はクラシック参戦をかなえようと弥生賞(G2)に出走も、一歩及ばずの4着に敗れて叶わず。秋はセントライト記念(G2)で2着に入ったものの、体調が整わず菊花賞(G1)を見送っている。

 その後のチャレンジCを快勝したソーヴァリアントだったが、中山記念(G2)から大阪杯(G1)への出走プランを陣営が描いた矢先に骨折が判明。手術を受け、長期休養に入っていた。

 中距離路線での活躍が期待された4歳春をリハビリに費やし、ようやく再スタートを切るソーヴァリアント。3歳時には、エフフォーリアとタイトルホルダーの陰に隠れた“第3の刺客”と呼ばれたこともあった。初コンビの川田将雅騎手とともにその実力を証明することはできるか。

【オールカマー(G2)展望】「復活」デアリングタクト&ヴェルトライゼンデVS「晩成の大物」ソーヴァリアント&テーオーロイヤル!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合